エニグマ

    maxresdefault (1)


    1
    名無しの歴史部員 2017/12/05(火)17:51:10 ID: ID:AWe

    第7位
    カエサルの暗号
    ローマの英雄ユリウス・カエサルが多用した暗号。
    アルファベットを別のアルファベットに置き換える手法だが、受取側が復号し易い事が利点である。
    A B C D E F...
        ↓
    X Y Z A B C...
    というように、アルファベットの並びを何文字分かずらしただけであるため、受取側は何文字ずらすという
    情報を知っていれば暗号表を使わずに読めるため、敵に情報がわたりにくい暗号であった。
    ただし単純なため、並びを全て試せば解読可能な難点を持つ。




      【世界を動かした暗号ランキグンwwww】の続きを読む

    5443535994_8734fed57d_z

    第七話はこちら

    287
    名無しの歴史部員 2017/08/28(月)23:06:15 ID: ID:VMy

    1946年


    (*^◯^*)「戦争が……終わったんだ」

    (●△●)「……そうだね」

    (*^◯^*)「長かったんだ……」

    (●△●)「……そうだね」

    レイェフスキとジガルスキは、フランス降伏の後、イギリスに亡命し、暗号解読に従事していた
    しかし、その暗号はエニグマではなく、彼らの能力に見合わない低レベルなものだった
    ブレッチリー・パークが彼らを採用しなかった理由は不明である




      【彡(゚)(゚)「エニグマ解読……?」 第八話】の続きを読む

    Imitation_Game-Benedict_Cumberbatch-004

    第六話はこちら

    266
    名無しの歴史部員 2017/08/25(金)22:45:11 ID: ID:sNn

    なぜ、タニーがエニグマより解読し難いのかというと、暗号機の現物を手に入れられないからだ


    エニグマ暗号機は、ドイツ軍の内通者、ピンチから、その構造を知ることができた
    だが、タニーは上層部間の通信にしか使用されない――いわば、トップシークレットであるため、秘密裏に回収することはほぼ不可能だった

    そして、暗号文もエニグマのそれとはまるで違う
    エニグマは、1文字が別の1文字に換字されるが、タニーでは、1文字が5つの数字(1と0のみ)に換字される

    内部構造の複雑性は言うまでもないだろう
    カイ・ローター5個、サイ・ローター5個、モーター・ローター2個、計12個のローターが、エニグマとは違うルールで文字を換字する
    ループ構造を元にする『ボンベ』でタニーを解読することはできない


    実を言うと、戦争前には、エニグマ暗号機の技術は古いものとなっていた
    より洗練された技術と理論によって、エニグマを凌ぐ安全性を付与された暗号機
    それが『タニー』だ




      【彡(゚)(゚)「エニグマ解読……?」 第七話】の続きを読む

    hitler

    第五話

    242
    名無しの歴史部員 2017/08/23(水)22:25:18 ID: ID:wDu

    ( ゚∀゚)「こいつが『ボンベ』か……なんか、縦に3つ並んだ筒が、横にずらっと並んでいるな」

    彡(゚)(゚)「これは疑似ローターや。3つの筒が1つのエニグマになっとるわけやな」

    (☆…●)「仕組みが気になるな……簡単にでいいので教えてくれないか」

    彡(゚)(゚)「了解や」

    彡(゚)(゚)「まず、解読機と銘打っとるが、なにもスカンピンで解読できるようなハイパーマシンやない。解読するにはクリブが必要や」

    彡(゚)(゚)「クリブをどういうふうに使うかっちゅうことやが……ポーランドの解読法を覚えとるか?」

    (☆…●)「確か、6文字暗号の中からループを見つけ出したのだったな」

    彡(゚)(゚)「せや。連中はx文字目とx+3文字目の対応から、ループ構造を見出したわけやけど……」

    彡(゚)(゚)「ワイは、暗号文と平文の対応からのループ構造を利用しようと考えたんや」

    彡(゚)(゚)「いくら、エニグマの構造や送信方法が変わろうが、暗号文と平文だけは絶対あるしな」




      【彡(゚)(゚)「エニグマ解読……?」 第六話】の続きを読む

    images (26)

    第四話はこちら


    216
    名無しの歴史部員 2017/08/20(日)22:18:08 ID: ID:5XF

    イギリス ブレッチリー・パーク 政府暗号学校



    校長「……次は数学者か」

    校長「まったく、面白い顔ぶれだな。言語学者、古典学者の採用はわかるが……」

    校長「チェスのチャンピオンに、クロスワードの名人だと? 暗号解読に関係あるのか……?」

    戸<コンコン

    校長「お、時間丁度だな。入りたまえ」

    校長「さて、その椅子にかけてくれるかな? まず君の名前を聞こうか」



    彡(゚)(゚)「私の名前はアラン・チューリング。数学者です」




      【彡(゚)(゚)「エニグマ解読……?」 第五話】の続きを読む

    このページのトップヘ