679f4497


1
名無しの歴史部員 2015/08/19(水)20:56:51 ID: ID:6xJ

1(三)ソ連軍の戦車や武器・弾薬を鹵獲して戦う。本当に何でも鹵獲する。
2(右)小学校の校長先生が将軍になり、連戦連勝する
3(一)道に迷ったソ連軍戦車隊に1兵士が道を案内→もちろん全滅
4(指)シモ・ヘイヘ伝説
5(遊)共産主義者も多くがフィンランド軍に入りソ連と戦う
6(捕)リュティ大統領、ドイツから支援を受けるために自分の名前だけサインする→国としてサインしてないとして、連合国と単独講和可能にさせる
7(左)1旅団で4師団と戦い、戦線を維持する
8(中)ソ連兵に紛れて配給に「部隊全員分」を要求し、そのままバケツいっぱいのシチューを何食わぬ顔で持って帰ってくる
9(二)ソ連と講和後、駐在するドイツ軍と阿吽の呼吸で一時期までは戦っているように見せかけて、ソ連やナチス、そして全世界をペテンにかける

先発
マイネルヘイム将軍の下、国家総動員。中には軍服を持たず、自前の服で戦う者たちも。

中継ぎ
スキーを用いてのモッティ戦術で包囲殲滅が得意技
フィンランド軍の思わぬ善戦に、ヒトラーはソ連にはすぐに勝てると勘違いし、独ソ戦を始める

抑え
領土は一部奪われるも、結局独立を維持することに成功する

監督
リュティ大統領、戦争犯罪人として裁かれるも死刑回避。その後亡くなった時は、ソ連の圧力に屈せず国葬を行う。




 

3名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:02:16 ID: ID:WjP

シモヘイヘってなんなんや?




11名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:04:46 ID: ID:6xJ

>>3
狙撃銃だけで、500人以上のソ連兵を殺した

それ以外にサブマシンガンで沢山殺してるけど、それはカウントされてない。

あと、シモ・ヘイヘのいた部隊は32人で4000人と戦って見事に勝ってる




18名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:10:51 ID: ID:WjP

>>11
サンガツ
バケモンやんけ




5名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:02:36 ID: ID:WfQ

有能ばっかやな




6名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:03:25 ID: ID:p5t

強すぎワロタ




7名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:03:36 ID: ID:rdu

この2番はバントしなそう




8名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:04:02 ID: ID:uFP

4番の人好き まさにレジェンド




10名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:04:43 ID: ID:rMS

シモヘイへだけでも打線組めるレベルちゃうの?




14名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:05:46 ID: ID:9JU

四番が大正義過ぎるんだよなぁ・・・




16名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:08:58 ID: ID:WjB

冬戦争はソ連お得意だった「数で押せば勝てる」戦法を見事に撃退した、ある意味フィンランド無双な戦争だった。試合に負けて勝負には勝ってた




36名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:28:36 ID: ID:fqH

>>16
大粛清で戦法が突撃しかとれなかったソ連軍サイドにも問題がある




17名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:09:42 ID: ID:Zwy

有能有能&有能




19名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:11:08 ID: ID:5un

フィンのせいでソ連が強くなり後々自分とドイツの首を絞めることになるという




20名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:11:44 ID: ID:s5d

シモヘイヘの空爆されたのに生きてたエピソードが好き




21名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:12:16 ID: ID:rAe

なんで参戦したん?




28名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:15:33 ID: ID:1fE

>>21
アカ共に屈するのを拒んだからやで




29名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:16:26 ID: ID:rAe

>>28
ほーん、そういうことか




30名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:16:30 ID: ID:21t

>>21
二次大戦のどさくさに紛れてソ連がケンカ売ってきた




22名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:12:22 ID: ID:KVm

余りにも有能で5階級昇進(少尉に昇進)したヘイヘおじさん




24名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:13:19 ID: ID:euz

6番リュティのエピソード

ナチス「武器弾薬?よし、ずっと俺に従うと誓約するならいいだろう」
リュティ「分かった、私はサインしよう」

マンネルヘイム「よし、ソ連軍を撃退した。ここで講和したいところだが…」
リュティ「なら、大丈夫だ。ナチスとは、私個人の名でサインしているから、国として講和するのは何ら問題ない。だから俺は辞任するから、君が大統領やれ」

かっこいい




42名無しの歴史部員 2015/08/19(水)23:16:44 ID: ID:uiS

>>24
かっこいい・・・




25名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:13:56 ID: ID:qzA

空軍…アメリカやドイツのお下がり戦闘機で無双
海軍…海防戦艦とかいう外洋航行能力さえない謎の艦種がそれなりに活躍する




34名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:25:45 ID: ID:NSg

スコープなしで雪の中白いカッコでスナイプとか見付からんわ




37名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:30:59 ID: ID:WjB

>>34
ソ連兵「いくら白いカッコしてても息吐きゃわかるやろ」ザクザク
ヘイへ「吐息冷やすために雪を口に含むやで」ターン
ソ連兵「」




38名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:35:56 ID: ID:fqH

>>37
ソ連兵「突撃するやで」
ヘイへ「300mからヘッドショットするで~」
ソ連兵「」




35名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:25:47 ID: ID:6xJ

フィンランドはソ連と講和し、独立を維持した。
しかし、講和内容はかなり厳しいものであった。
やがて、マンネルヘイムとその後を継いだ者たちは独立を維持するために、ソ連に大幅に譲歩し、外交や国が親ソであるかのように装った。

資本主義経済を維持しながら、社会主義国のソ連に従属する。それを日本の総理、中曽根はこう侮辱した表現を用いた。

「フィンランド化」


だが、彼はフィンランドの歴史を決して見ていたわけでない。
リュティを国葬にしたその政府と国民を知らなかったのだろう。無知で表現するのが如何に愚かであることを。

今もフィンランドは独立を維持している。ソ連は無くなった今でも。




48名無しの歴史部員 2015/08/20(木)07:57:13 ID: ID:VOn

>>35
領土と国民を守ったわけだからこれ以上の講和はないよな
国体の護持とかいう糞




39名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:36:03 ID: ID:TQE

Wiki見るとほんとマンネルヘイムはレジェンドやな




40名無しの歴史部員 2015/08/19(水)21:41:17 ID: ID:6xJ

ちなみに入れたかったエピソード

ある兵士が戦車を3台撃破→映画で現実的に表現しようとして2台撃破にされる




43名無しの歴史部員 2015/08/19(水)23:31:44 ID: ID:Jrm

空飛ぶ真珠のエピソードも好き

零戦や隼にカモられまくって失敗作の烙印を押された
米F2Aバッファロー戦闘機44機を回してもらう

ソ連機を累計450機撃墜する神活躍(フィンランド側は21機損失)
キルレシオ20:1以上の無双っぷりから「空飛ぶ真珠」と呼ばれる




45名無しの歴史部員 2015/08/20(木)03:08:16 ID: ID:zXa

>>43
東南アジア・太平洋「ビヤ樽ゥ!豚ァ!」

フィンランド「真珠♡」




47名無しの歴史部員 2015/08/20(木)03:35:05 ID: ID:v3N

結局国土はソ連の初期目標以上にに失ってるし、
外交的にも譲歩に譲歩重ねてるから戦術的勝利多数、戦略的大敗だけどな




50名無しの歴史部員 2015/08/20(木)08:17:59 ID: ID:iF9

2番は本業が校長先生で副業がフィンランドの常勝将軍だからなぁ…
最強の教職員ですわ




51名無しの歴史部員 2015/08/20(木)08:19:20 ID: ID:tDu

>>50
運動会の開会の挨拶とか聴いてみたい




52名無しの歴史部員 2015/08/20(木)08:20:20 ID: ID:udN

ソ連に併呑されなかったから勝ちと言う風潮




53名無しの歴史部員 2015/08/20(木)08:45:33 ID: ID:cd2

>>52
他の枢軸国サイドの小国がどうなったか考えれば正解ではある




58名無しの歴史部員 2015/08/20(木)13:54:07 ID: ID:q7T

シモヘイヘが2002年まで生きてた事実




引用元:第二次世界大戦でのフィンランド軍・政府のエピソードで打線組んだwww