img_g055


1
名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:39:11 ID: ID:DFq

読んだわ読んだがどう活かしたらええかわからん




 

2名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:40:01 ID: ID:XpI

孫子は抽象的やからね
活かし方は自力で見つけるんやで




3名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:40:12 ID: ID:RRM

「勝負とは戦う前に既に決している」って
要するに入念な準備したもん勝ちってことやろ?




6名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:41:51 ID: ID:DFq

>>3
せやね
負ける戦はしない。
虚を突くってのもどうリーマン人生に活かすのやら




8名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:42:36 ID: ID:XpI

>>6
難しい仕事は誰かに押しつけるんやで




4名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:41:11 ID: ID:T1H

拙速と巧遅は本当にそうだと思うぞ




7名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:42:17 ID: ID:pRo

三十六計逃げるに如かず
ワイの人生そのものやで




12名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:47:02 ID: ID:0V1

>>7
わかる 座右の銘や




15名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:49:56 ID: ID:jy6

>>7
この出典は『南斉書』の王敬則伝やで(小声)




16名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:51:30 ID: ID:0V1

>>15
くっそ恥かいた
三十六計逃げるに如かずや、ほな!




9名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:43:13 ID: ID:kDZ

体系的というより語録やんね
学問というより自己啓発の類い




13名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:49:02 ID: ID:5I1

>>9
内面を鍛える話ではないので自己啓発ではない




10名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:45:26 ID: ID:DFq

風林火山みたいに状況に応じてテキパキってことも書いてあるやろ?
まぁこれくらいは理解できるけど




18名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:53:06 ID: ID:BE0

敵を知り己を知れば百戦危うからず

敵を知らずして己を知れば一勝一敗す

敵を知らず己も知らざれば戦い毎に必ず危うし


割と人生訓




19名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:53:26 ID: ID:XpI

>>18
これが一番の名言やな




20名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:55:57 ID: ID:EiR

巧遅より拙速を尊ぼうや!
考える前に書き込みやで!




21名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:56:32 ID: ID:eX9

味方は側に置け
敵はもっと側に置け




22名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:57:03 ID: ID:DFq

>>21
これの真意は?




25名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:59:02 ID: ID:XpI

>>22
異論を唱える人がそばにおると
自分が間違えてる時にブレーキ役になってくれるんやで

これはある程度出世した人向けの教訓やな




27名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:00:39 ID: ID:DFq

>>25
なるほどな
ある程度の権限と裁量を持った人間向けの言葉か




29名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:05:18 ID: ID:XpI

>>27
せやで
兵法は基本的には軍師や将軍が読むものやからな
末端の兵士向けの話は少ないんや




23名無しの歴史部員 2018/03/08(木)22:57:42 ID: ID:w1J

ほとんどの自己啓発って、馬の目の前にもっと良いニンジンをぶら下げるとか、奴隷にいまよりも良い住環境を提供するとかそういうことにしか使われてなくて
結構馬が人間から逃れて野生にかえったり、奴隷が主人から逃れて自由に生きられるようにはなってないから虚しいだけのもの




28名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:01:44 ID: ID:rUj

昔の善く戦う者は、先ず勝つべからざるを為して、以て敵の勝つべきを待つ。
勝つべからざるは己にあり、勝つべきは敵に在り。




37名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:22:20 ID: ID:BE0

>>28
こっちもすこ

勝兵は先ず勝ちて、しかる後に戦いを求め、
敗兵は先ず戦いて、しかる後に勝を求む

統帥綱領にも似たような文言があるしな
―まず計算し、しかるのちこれを超越せよ―




40名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:23:25 ID: ID:rUj

>>37
形篇は基礎の基礎って感じするわ




30名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:05:28 ID: ID:rUj

ワイは一番はコレやな

勝を見ること衆人の知る所に過ぎざるは、昔の善なる者にあらざるなり。
戦い勝ちて天下善なりというは、善の善なる者にあらざるなり




36名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:21:57 ID: ID:eX9

おんj民は下級国民なのに、なぜか皆上級目線で語るよねwww

孫子って結局ワイら下っぱをいかに使いきるか、っていう書やねん
ワイらの真の孫子の使い方は、孫子をつかってくる経営者のやり方を知っとくことやと思うで
孫子は2000年前の書やからね
現代は孫子の交わ仕方はあるで




38名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:22:53 ID: ID:ARg

孫子兵法を用いれば米軍も恐れるに足りず




43名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:25:38 ID: ID:BE0

>>38
先の敗戦なんて、まさに"敗兵は先ず戦いて、しかる後に勝を求む"やと思うわ

私にやれと言われれば、帝国海軍は1年や1年半は存分に暴れてご覧にいれます
しかし、その先のことはまったく保証できません

って言われてるのに開戦するとか




45名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:26:19 ID: ID:EiR

>>43
一応計算はしとるやん
『絶対勝てませんわ』
って




42名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:25:12 ID: ID:Yjm

孫子とか古過ぎ
君主論くらい無意味
まだ戦略論のほうがマシ




46名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:27:54 ID: ID:Yhm

五事七計のくだりはわりと参考になってるで




47名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:28:59 ID: ID:rUj

正直日常生活に生かすなら孫子なんかより三十六計を身に着けた方がよっぽどいいけどな
三十六計に「逃げる」が含まれていることは意外と知られてない




49名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:30:58 ID: ID:BE0

>>47
三十六計逃げるに如かず とまで言われてんのに……




48名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:29:45 ID: ID:BE0

あと、上下欲を同じくする者は勝つ はホンマやと思う

組織全体に明確な目的、目標があると組織の活力は違う




50名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:32:48 ID: ID:rUj

走為計ってのがあるんや
絶望的に強い相手と戦う場合の対応やな
その他に美女をさしむけろとか苦肉計(自分を傷つけて相手を信じ込ませる)とかあって面白いで




51名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:33:07 ID: ID:BE0

鬼谷子の揣摩権謀も割と営業活動の時に効果を実感した




52名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:43:27 ID: ID:DFq

>>51
簡単に教えてクレメンス




53名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:58:35 ID: ID:BE0

揣摩
簡単にいえば良く知らない人物に一石を投じてみる
営業活動であれば、本題の前に時事の話題とかをあれこれして見て、
その人の興味や長所、弱点をさぐっていく

権謀
揣摩の結果に基づいて、具体的な策を立てる
営業ならその人の好きな話題から、必要としている取扱商品を推測して提案してみる
推測するだけでなく、揣摩の話題に基づいて発展させるとなお良い




31名無しの歴史部員 2018/03/08(木)23:08:42 ID: ID:eX9

孫子「兵を窮地に置けば全力を出すで」

経営者「無理という言葉は嘘つきの言葉 一週間無茶ふりしてみ ほらできた^^」




引用元:孫子の兵法を実生活に活かしとる奴おる?