1名無しの歴史部員 ID: ID:2TL

江戸時代のドブネズミ愛好家たちは、ドブネズミを交配させ、誰も見たことがないような珍しい色や模様の個体を繁殖させようとしていたという。
珍しい色とは、「白」「玉子色」「藤色」などで、珍しい模様とはまだら模様の「斑」、ツキノワグマのように胸にラインが入った「熊斑」、色がぱっきりと分かれた「はちわれ」などだ。




https://j-town.net/tokyo/column/allprefcolumn/299795.html?p=all




 

2名無しの歴史部員 ID: ID:C4A

かわE




3名無しの歴史部員 ID: ID:uqs

楽しそう




9名無しの歴史部員 ID: ID:xes

被害に遭ってる人達からすればクソ害獣やけど
見た目は普通にかわええからな




11名無しの歴史部員 ID: ID:BAj

鯉とかでもやるし多少わね




12名無しの歴史部員 ID: ID:8R1

ハムスターの変わらんやろ




13名無しの歴史部員 ID: ID:wPe

ドブみたいな文章でマウントとってる現代人よりマシ




15名無しの歴史部員 ID: ID:Uq4

本来は普通の動物やし




16名無しの歴史部員 ID: ID:JIA

幕末の大喧嘩なんか綱引きやったしな
近代化でおかしくなったんや




17名無しの歴史部員 ID: ID:zVb

つうか技術的にもスゴくないか?




18名無しの歴史部員 ID: ID:Uq4

確かに。遺伝子組み換えできたんか




引用元:【悲報】江戸時代の日本人さん、ドブネズミの美しさでマウントとっていた