1名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:07:42 ID: vqT+1sgK0.net

東南アジア通ったほうが楽だろ……







 

3名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:09:02 ID: AwQQJiOWa.net

鎖国してたんだよ




5名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:10:32.686 ID: AwQQJiOWa.net

筋斗雲使っちゃ('ω'乂)ダメーって言われてたから




37名無しの歴史部員 2020/04/25(土)18:21:56.209 ID: V/tR8zpDa.net

>>5
違うだろ
人間が乗せられないだけ
悟空だけなら何度でも行ってる




6名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:10:41.831 ID: XOL/ioNap.net

道が分からなかった
山登りが嫌だった
街道だけ歩きたかった
東南アジアが嫌いだった
旅行も兼ねたかった




9名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:11:06.169 ID: Kw42n+MU0.net

お前だって京都旅行行ったら奈良や大阪も寄りたいだろ




10名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:13:20 ID: vqT+1sgK0.net

>>9
このルートだと京阪神行くついでに四国と中国地方にも寄りましたって感じだ




12名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:14:59 ID: ourTm4It0.net

当時はそこに人が通れる道無かったんじゃね




15名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:16:44 ID: xjEmOKEM0.net

シルクロード逆走のスリルを味わいたかったから




18名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:19:29 ID: JC6ohfHP0.net

徒歩で行くなら実は理にかなってるルートだったりするのか




20名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:20:37 ID: Uxcf2YDuM.net

天竺ってインドのことだったのかよなんかショックだは




22名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:22:25 ID: 8FEzhE4Z0.net

風土病とかあったんだろ




24名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:25:45 ID: XOL/ioNap.net

国難を救うために王に経典を持ち帰るように依頼されたけど、自信が無かったから
時間稼ぎのつもりでわざと遠回りしつつ、これと言った経典のあても無く、ついに
インドまで来てしまったが、そもそも仏教の経典は悟りを具体的に書かれたものが無く
どうしようか迷ってるうちに、アヴァローキ・テーシュヴァラという行者に出会い
その行者を悟った者だと確信して、弟子に説法を説いてる内容を聞き写して経典が完成

それが般若心経
アヴァローキ・テーシュヴァラを中国語に訳すと、観自在菩薩




26名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:35:16.481 ID: XOL/ioNap.net

そもそも天竺までの旅自体が、玄奘三蔵にとっての行脚 (あんぎゃ) 修行となった

いく先々で様々な人々と出会い、様々な情景に触れ、世の諸行無常の刹那を感じつつ
悟りとは何か?を探し当てる心の旅も同時に兼ねていた。そして玄奘三蔵は迷っていた

インドまでの道のりも迷いの現れ、彼の言動も迷いの現れ、悟りを探すこと自体が迷い
そう気付かされるまで、王にとって仏僧など道教や儒教の下位にある仏教の者だし
さほど期待もされてなかった玄奘三蔵は、そういう扱いを受ける不満を抱えながら行く




27名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:42:21.743 ID: vqT+1sgK0.net

あー、旅自体が修行も兼ねてるって事か
こういうルートだとソグド人たちのゾロアスター文化にも触れてそうだな
イスラムはまだこの頃は出来て間もないから中東や中央アジアにも
まだまだ浸透していなかったかな?




28名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:45:51 ID: XOL/ioNap.net

玄奘三蔵のいく先々には、人々の暮らしがあり、様々な生き物の息づかいがあり
それらに触れ回ることで、国難のことなど半ば忘れ気味に心軽やかに馬を歩かせるが

自分の人生と同じように四苦八苦しながら生きてる姿も多く垣間見ることになった
些細なことから不仲になり軋轢を生じさせ争う者。死活問題を抱えながらに人を殺す者
肉親の病苦や死に直面して苦心する者。突然の戦火に焼かれて悲痛な叫びをあげる者
玄奘三蔵は自分の国の国内で起きている現状と同じものをその旅路でも見ることになる

玄奘三蔵は師の教えを思い返す。「執着から離れろ」




29名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:46:55.999 ID: s9pt24jr0.net

全部ウソって可能性はあるの??




30名無しの歴史部員 2020/04/25(土)17:58:09 ID: XOL/ioNap.net

玄奘三蔵はその旅路の中で、仏教の開祖であるブッダの話しをしばし耳にした

ブッダはクシャトリア (兵士階級) の王の息子
700人の家来と数人の妻子と国を捨てた男
乞食となり苦行に励むも、苦行を否定した
後に国が滅ぼされたが、大勢が弟子になった
複数の教団が合流してブッダの弟子になった
弟子から500人の羅漢 (悟った者) を輩出した
ブッダが悟った後はニヤニヤ笑っていた
コーサラ国とマガタ国の間をふらふらしてた
実は世間一般的にはロクでもない男であった

人間はその思いが煮詰まってこれば、本当のことが見えてくるもの。玄奘三蔵も同じ
実のところ人間は誰かに従う事しかやっておらず正しい事など知る由もないまま暮らし
世間一般的な常識に習うことは実は非常識に陥いるだけの人々の姿がそこ彼処に見えた




31名無しの歴史部員 2020/04/25(土)18:02:54 ID: Ot9ppGXna.net

ネタスレかと思ったら
勉強になるスレ




32名無しの歴史部員 2020/04/25(土)18:07:35 ID: XOL/ioNap.net

玄奘三蔵は無精髭を生やし、伸びきった髪を後ろで結び、衣服はボロボロになっていた

そして遂にインドまで来てしまう。川の畔では行水する者、食器や衣類を洗う者
漁を営む者、子供達がはしゃぎ回る姿、死者を埋葬する者、下流で遺体に群がる獣たち
そういったすべてが混ぜこぜの状況を垣間見るも、世界の循環構造の現れそのものだと
玄奘三蔵はそう捉えられる心境に達しており、玄奘三蔵は心の機が十分に熟していた

求めれば得られる。とはよく言ったもので、玄奘三蔵はアヴァローキ・テーシュヴァラ
という行者とその弟子たちに出会う。そこで玄奘三蔵は彼の教えに耳を傾けた




33名無しの歴史部員 2020/04/25(土)18:18:24.595 ID: vqT+1sgK0.net

玄奘三蔵ってそういや本来男なんだよな
日本だと何故か女優が演じたり、女そのものにされてたりするけど




38名無しの歴史部員 2020/04/25(土)18:31:31.934 ID: qdwVGASH0.net

船ルートもなかったんかね




41名無しの歴史部員 2020/04/25(土)18:45:49 ID: Ot9ppGXna.net

そういや、熊とか虎とか狼とか遭遇しなかったんかね




43名無しの歴史部員 2020/04/25(土)18:50:04 ID: N/oEDpVj0.net

>>41
河童とイノシシとか紅孩児とかもっとやべえのと遭遇してる




48名無しの歴史部員 2020/04/25(土)19:00:51 ID: R7izA+cN0.net

旅の苦難は全部お釈迦様が用意した出来レースってyoutubeの解説動画で言ってた




引用元:なんで玄奘三蔵法師って、あんな遠回りでインドまで行ったの?