sweets_icecream_turkey


1
名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

【第一部 シャンルウルファ県アクチャカレ地域】

[某日本の地方都市]
彡(●)(●) 「次のニュースです。本日未明、トルコ軍がシリア領内のクルド人実効支配地域に空爆を行い~」


彡(゚)(゚)「ほーん、なんやまたどっかで揉めだしたんか」


彡(-)(-)「ふむふむ、シャンルウルファ県のアクチャカレって街がシリアとの国境で…」


彡(゚)(゚)「このアクチャカレでドンパチやってるわけやな…」


彡(^)(^)「よっしゃ!行ってみるか!」


(このスレの内容は全てフィクションです)




 

3名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

【3レスで終わるクルド人実効支配地域空爆までの雑な経緯解説】

・~2016年
IS「全世界をぶっ壊すンダ!組織はブランド化して永久不滅なンダ!著作フリーなンダ!」


世界「ヤバイ。アイツだけはヤバイ。存在しちゃいけない存在だわ…どうにかしないと…」


アメリカ・ロシア・EU「でも強い…強すぎるわ。次から次へと湧いて出てくる…どうしよう……」


IS「ISは不滅なンダ!何度でも蘇るンダ!」


アメリカ「せや!クルド人って強いやん!土地を欲しがってたしクルド人を支援してやっつけたろ!」


クルド人・トルコ・シリア「ホンマはめっちゃ嫌いやけど…」


クルド人・トルコ・シリア「ISだけはヤバイからな、アイツを消し去るまでは喧嘩はなしや!……ISを消す」




5名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

・2018年~
IS「グエー死んだンゴ」


クルド人「ISが支配していた地域はワイらがもらってもええんよな?一番頑張ってたし戦果挙げたのワイらやし」


アメリカ・EU「おう!ええで!」


トルコ「ダメだぞ!ISに追い出されたアラブ人がウチの国に難民として来てんねん。こいつらを帰す場所がなくなるやんけ」




10名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

・2019年~
アメリカ「うーん、なんか面倒になってきたな…ほなワイは何も知らんってことでっ!」


クルド人「えっ…?」


トルコ「よっしゃ今がチャンスや!この機にトルコ国内にいる難民の家をクルド人から取り戻すぞ!空爆や!(緩衝地帯の確保や!)」


クルド人「なんも悪いことしてへんのに、ただ普通に暮らしてるだけの市民が何で空爆されなアカンのや!」


EU「トルコの攻撃は非人道的なンダ!非難するンダ!」


シリア「…ふーん……。そうだ!クルド人君がボクに反抗しないなら後ろから殴りかかるのはやめてやるわ」


クルド人「おっサンガツ!」


シリア「安心してトルコと殴り合ってきなさい(ニッコリ)」


クルド人「よっしゃ!やってやるで(爆発)」


トルコ「一般人、それも女子供をテロで○しやがって…もう許さん徹底的にやってやるわ」


【雑な経緯解説 終わり】




13名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

[トルコ シャンルウルファ県]
彡(-)(-)「ふぅーとりあえず、シャンルウルファに着いたンゴねぇ」


彡(゚)(゚)「空港から市内まではハワシュとかいうバスで40分…230円か」


彡(゚)(゚)「ほんで市内のバスターミナルからはミニバスでアクチャカレまで行けるんか…なるほど……」


彡(゚)(゚)「ほんで、ここが市内バスターミナルかな」


彡(゚)(^)「ふむふむ市内バスターミナルの地下がミニバス乗り場なんやな、結構わかりやすい作りしてるやんけ」




15名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(゚)(゚)「おーい、そこのおっちゃん!アクチャカレまで行きたいんやけど!」


(´?ω?)「アクチャカレ?バスに乗りたいのかい?乗り場まで案内するよ。着いておいで」


彡(^)(^)「おぉサンガツ!」


(´?ω?)「おい!この日本人をアクチャカレまで連れて行ってやってくれ!」


(´?ω?`)「アクチャカレ?このバスに乗って!」


彡(゚)(゚)「このミニバスに乗ればええんか?」


(´?ω?`)「そうだよ」




17名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(^)(^)「サンガツ!サンガツ!確かにアクチャカレって書いてあるわ。で、アクチャカレまでなんぼなん?」


(´?ω?`)「 190円だよ」


彡(^)(^) 「60km弱の距離を190円とかまぁまぁ安いやんけ。ええやんええやん」


(´?ω?)「じゃあボクは戻るからね、気をつけてね!バイバーイ!アリガトウ!」


彡(^)(^)「こっちこそありがとうやで!おっちゃん!」


(´?ω?`)「人が集まったら出発するからね。車内で待っててね」




19名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(゚)(゚)「おう了解やで。ところで運ちゃん、つい先週アクチャカレの市民がテロで○んだけどバスの本数は減ったんか?」


(´?ω?`)「いや、特に減ってないよ?」


彡(゚)(゚)「じゃあ利用者は減ったんか?」


(´?ω?`)「………?減ってないよ?」


彡(-)(-)「えぇ….確かに普通にアクチャカレ行きのバスもスルチ行きのバスもあるもんなぁ」


(´?ω?`)「さぁ席に座を詰めて!出発するよ!」




22名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(-)(-)「な、なぁ運ちゃん、ワイ外国人なんやがアクチャカレ行きのバスに乗ってもええんか…?」


(´?ω?`)「何を言ってるの?普通に乗って大丈夫!大丈夫!それよりザクロあるよ、美味しいよ」


彡(゚)(゚)「くれるんか!サンガツ!」


(´?ω?`)「はい、じゃあ席に座っててね」


彡(^)(^)「うん!ザクロ美味しい!(普通にバスに乗れるんやな)」


「(ブロロロロロ~)」




26名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(゚)(゚)「なぁおっちゃん、シャンルウルファ中心部からアクチャカレまでは一本道なんか?(モグモグ)」


(´?ω?`)「そうだよ」


彡(゚)(゚)「めっちゃ車が行き交ってるやんけ、ほんまにここ紛争地域なんやろか……」


(´?ω?`)「まぁね」


彡(゚)(゚)「うーんよく分からんなぁ…それにしても車内が混んできたなぁ…定員14人ちゃうんか(モグモグ)」


(´?ω?`)「……定員?」




28名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(゚)(゚) 「30人は乗っとるやんけ(モグモグ)」


(´?ω?`)「いつもこんなものだよ」


彡(゚)(゚)「空爆やテロが起きてるのに?(モグモグ)」


(´?ω?`)「そうだよ」


彡(_)(_)「うーんよく分からん…」


(´?ω?`)「良かったらこれも食べなよ、ひまわりの種だよ」


彡(^)(^)「おっ!サンガツ!(ボリボリ)」




31名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(´?ω?`)「美味しいでしょ」


彡(゚)(^)「うん、美味いで。道沿いにもチラホラお家が建ってるわねえ(ボリボリ)」


(´?ω?`)「そりゃそうだよ、生活してるんだから」


彡(゚)(゚)「まぁそりゃそうか……この一面に広がってるのは何の畑や?(ボリボリ)」


(´?ω?`)「綿花だよ、最高だよ」


彡(゚)(゚)「綿花か……グーグルマップで見たときは荒野を想像してたわ(ボリボリ)」




32名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(´?ω?`)「ふーん、ところでキミは何があってアクチャカレへ行くの?」


彡(゚)(゚)「写真をな、撮りたいんや(ボリボリ)」


(´?ω?`)「写真!あーなるほどね!プロのカメラマンなのかい?」


彡(゚)(゚)「いやちゃうで、ワイはただの学生や(ボリボリ)」


(´?ω?`)「学生?そんなに凄いカメラを持っているのに?」


彡(゚)(゚)「せやで、学生や(ボリボリ)」


(´?ω?`)「ふーんまぁなんでもいいから写真を撮ってよ!あと、このナッツも美味しいよ食べなよ」




33名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(^)(^)「サンガツ!ええでええで!なんや、紛争地域や言うてもごくごく普通のところやんけ!!安心したわ~アハハ!!!」




36名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

「(ガチャン)」


彡(゚)(゚)「やっと車が止まったか…アクチャカレ中心部に着いたんかな…」


彡(-)(-)「途中から車内が撮影会場みたいになってしまっとったな…なんだか疲れたンゴ…」


(?ω?´)「降りろ」


彡(゚)(゚)「ん?」


(?ω?´)「外国人か?」


彡(゚)(゚)「はい(検問か)」




40名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「いいから降りろ、あとパスポート出して」


('?ω?´)「電話番号は?」


彡(゚)(゚)「ワイの?」


(?ω?´)「そう、貴方の」


彡(^)(^)「これやで」


(?ω?´)「写真撮るからパスポート持ってそこに立って」


彡()()「はい(終わったンゴ…これで内定も取り消しやろか)」




46名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「ちょっと待ってて(電話中)」


彡(-)(-)「はい(どこかに電話かけ始めたぞ)」


彡(_)(_)あの…ワイは…」


(?ω?´)「ちょっと待ってて」


彡(-)(-)「あっ…はい…(長い電話やな)」


(?ω?´)「パスポートともう一枚写真撮るから(カシャ)」


彡(-)(-)「あ、はい」


('?ω?´)「じゃ、次は横向いて……そうそう(カシャ)」


彡()()「………。(何枚写真を撮んねん)」




52名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「それじゃ今から質問します、ここに入って(ガチャ)」


彡()()「はい…何これ軽装甲車?(あっ…バスが行ってもうた…)」


('?ω?´)「貴方は何人ですか?」


彡(゚)(゚)「日本人や」


('?ω?´)「名前」


彡(゚)(゚)「やきう民や」


('?ω?´)「年齢」


彡(゚)(゚) 「24」




54名無しの歴史部員 ID: ID:LS5


('?ω?´)「嘘をつくな。職業は?」


彡(゚)(゚)「学生や、大学生」


('?ω?´)「専攻は?」


彡(゚)(゚)「脱糞学や」


('?ω?´)「学生証も出して」


彡(゚)(゚)「はいはい」


('?ω?´)「何が書いてあるのか分からんわ、なんだこれ」


(?ω?´)「ふーん。ではトルコに何しにきましたか?」


彡(^)(^)「観光やで」




56名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「イスタンブールとかカッパドキアとかさ、たくさん観光名所があるよね。どうして何もないアクチャカレに?」


彡(^)(^)「写真をな、撮りたいねん。国境付近がどうなってるのか見てみたいんや」


(?ω?´)「うーん、ちゃんと英語が通じてるのかな…英語、理解できる?」


彡(^)(^)「理解できるで、大丈夫や!(お前さんの英語のクセが強いんやろが○ね)」


(?ω?´)「もう一度聞くけど、何でアクチャカレに?」


彡(゚)(゚)「せやから写真を撮りたいねん」


(?ω?´)「専攻分野と関係してるの?」


彡(^)(^)「せや!(大嘘)」




58名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「うーん…嘘臭いなぁ…まぁ良いや。鞄の中身を全部出して」


彡(゚)(゚)「ここでか!?」


(?ω?´)「そう、今すぐっ!」


彡(-)(-)「は、はい…」




60名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「これだけ?バスに大きなバッグは預けてなかったの?」


彡(゚)(゚)「シャンルウルファにホテルとってて、そこに置いてるで。せやから手持ちはこれだけや」


('?ω?´)「ティッシュとノートとカメラとバッテリーと水と財布とカードと…これは何?」


彡(゚)(゚)「チェキ用のコピー機や」


(?ω?´)「 Canonか」


彡(゚)(゚)「せや、キャノンや。変なもんちゃうで」




61名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「……アァ…もう一度聞くけど、何が目的なの?」


彡(゚)(-)「せやからただ国境がどうなってるのか見てみたいだけや…」


('?ω?´)「理由が無いとか訳わからん…観光地にも行かずに…怪しすぎる…英語も通じてないやろ……」


彡(-)(-)「見たい理由なんて無いしなぁ…興味あるだけやねん」


(?ω?´)「やっぱ英語が通じてないな」


彡(-)(-)「なんでそうなんねん…」




62名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「まぁええわ。アクチャカレは危険!分かる?」


彡(゚)(゚)「分かるで」


(?ω?´)「めっちゃ危険なの!!」


彡(゚)(゚)「知ってるで」


(?ω?´)「つい昨日の夜もテロがあったの!!分かる?」


彡(゚)(゚)「うん、テロやろ」


('?ω?´)「それなのに何で行きたいの?」


彡(゚)(゚)「行きたいからや」




64名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「アァ!!!もう!」


彡(. )(. )「悪口はしっかり聞き取れるんだよなぁ」


(?ω?´)「危険なの!死ぬの!!」


彡(-)(-)「知っとる言うてるやんけ…」


(?ω?´)「女子供の外国人は特に狙われるの!テロに!」


彡(゚)(゚)「ワイは良い年した男やで」


('?ω?´)「パスポートをもう一度みせて」


彡(. )(. )「はぁ…」




66名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「ハァ…男か女かよく分からん………僕たちはトルコ版のFBI、分かる?」


彡(゚)(゚)「うん」


('?ω?´)「検問もテロ対策」


彡(゚)(゚)「うん」


('?ω?´)「外国人をテロから守るのも仕事」


彡(゚)(゚)「理解してます…」




67名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

'?ω?´)「シャンルウルファに戻る?」


彡(. )(. )「………分かったわ…シャンルウルファに戻る」


('?ω?´)「もう来てはダメだよ」


彡(. )(. )「……でもワイ以外の人は普通にバス乗ってったやん…」


('?ω?´)「地元民は身分証の提示だけで良いの」


彡(゚)(゚)「まぁ、そりゃそうか……向かいの綺麗な建物が帰りのバスターミナル?」


('?ω?´)「いや、違う。あっちょっと待って。写真を確認してなかった。スマホとカメラを貸して」




71名無しの歴史部員 ID: ID:tFa

んゆ?これ実体験元にしたフィクションなんか




73名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

>>71
完全フィクション




72名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡( )( )「はい(あっ死んだンゴ…隠し撮りしてたのがバレるンゴ)」


(?ω?´)「……これは何?何で私たちを撮ってるの?」


彡( )( )「興味があったから…」


(?ω?´)「消して」


彡( )( )「はい」


(?ω?´)「全部」


彡(_)(_)「はい…」


('?ω?´)「消した?」


彡(_)(_)「消したで」




78名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「確認するからちょっとスマホとカメラを貸して」


彡(-)(-)「はい……」


(?ω?´)「うん、よし…消したな」


彡(?)(^)「信用してや、な(iCloudで後で復元したろ)」


(?ω?´)「ァア!何で写真を撮ったんだよ…訳わからない!!」


彡(゚)(^)「興味があるからやで」


(?ω?´)「ァア…チッ……何で来たんだよ……!!」




79名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(゚)(゚)「……なんかすまんなァ」


('?ω?´)「反省してないでしょ」


(?ω?´)「ハァ(クソデカため息)…………ちょっとそこで待ってて」


彡(-)(-)「まだ何かあるんか…」


(?ω?´)「相談してくるから」


彡(゚)(゚)「あっはい…(何をや)」




81名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(゚)(゚)「なんや長いなぁ…いつまで待たせんねん」


(?ω?´)「…………今から送るから。この車に乗って(ガチャ)」


彡(゚)(゚)「は、はい……(やっと来たと思ったら警察車両やんけ○んだな)」


(?ω?´)「早くして」


彡( )( )「………。(内定取り消しどころか大使館に送還されるレベルちゃうんかこれ…)」




85名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「今から送るから」


彡( )( )「…どこに?」


(?ω?´)「………。(無視)」


彡( )( )「「………。(逮捕されるんやろか○んだわこれ)」


「(ブロロロロロ~)」


彡(。)(; )「な、なぁアクチャカレ方面に向かってへん?ワイはシャンルウルファに帰りたいんやが…」


('?ω?´)「黙って乗ってて」


彡(; )(; )「いや、もう帰るからぁ…」




86名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「まぁ、もうちょっとだけ待ってて」


彡(; )(; )「はぁ…」


('?ω?´)「着いたよ、ここがシリアとの国境ゲートだよ」


彡(゚)(゚)「え?マ?外に出ても良い!?」


(?ω?´)「ダメ。外国人は危ない」


彡(゚)(゚)「…じゃあ写真は?撮ってもいいんか?」


(?ω?´)「どうぞ、停車するから」




88名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(^)(^)「サンガツ!窓開けてもええか?」


(?ω?´)「ダメ。外国人は目立つ」


彡(-)(-)「…あっはい(カシャ)」


('?ω?´)「撮った?じゃあちょっと戻ってバスまで送るよ」


彡(^)(^)「わざわざ国境ゲートを見せてくれたんか!サンガツ!お兄さんたちの写真も撮ってええか?」


(?ω?´)「ダメ!!何を言ってるの!」


彡( )( )「そりゃそうか…調子に乗ってすまへん……」




89名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「ハァ……日本のニュースでやってないの?クルド人勢力と私たちが戦争してるって」


彡(゚)(゚)「やってるで、少しだけやけど」


('?ω?´)「じゃあ何で来たの?」


彡(^)(^)「見てみたかったからやで」


(?ω?´)「うーんこの」


彡(゚)(゚)「アクチャカレって普通に人が生活してるんやね。みんな軒先でのんびりお茶飲んでるやんけ」


(?ω?´)「当たり前でしょ」




93名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

彡(-)(-)「当たり前なんか…パッと見、治安はシャンルウルファ市内や他のトルコの街と変わらんやん。あの人なんて普通に三輪車引いて香辛料売ってるし、あそこなんて子供だけで遊んでるやん」


(?ω?´)「そうだよ、でもね、いつどこでテロが発生するか分からない」


彡(゚)(゚)「せやな…なぁ、あのちょっと先のシリアの街を空爆したんやろ?ここから見られへんの?」


('?ω?´)「すぐ目の前だから見えるけど…」


彡(^)(^)「じゃあ見たいンゴ!」


('?ω?´)「ハァ…仕方ない………ちょっと待って」


彡(^)(^)「あいあーい!サンガツ!」




96名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「電話するから(プルプルプル)」


彡(^)(^)「はーい(どこに電話してんのやろか)」


(?ω?´)「じゃあちょっと移動するから」


彡(゚)(゚)「了解やで」


(?ω?´)「……バスは人が沢山乗ってるから狙われやすいんだよ。特に外国人は狙われやすい」


彡(゚)(゚)「何から?」


('?ω?´)「狙撃とか迫撃砲」


彡(_)(_)「そ、そうか…」




98名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「だから、いつどこで誰に見られているか分からないから車から出たらダメだよ」


彡(゚)(゚)「うん、サンガツ…アクチャカレ住民はこんなに普通に生活してんのに…危機感が感じられへん」


('?ω?´)「そこがテロの怖いところだよ、日本のニュースでもやったでしょ?先月は子供と女性が被害にあったんだよ」


彡(゚)(゚)「それはニュースで見たわ」


('?ω?´)「日本人の新聞記者が来てたよ、先月末ごろ」


彡(゚)(゚)「あーそうなんかー」




100名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「その時、対応したのは私の同期なんだ」


彡(゚)(゚)「ほーん」


(?ω?´)「日本人はその人と君だけしか見たことないね」


彡(゚)(゚)「そんなに珍しいんか」


(?ω?´)「そうだよ、シャンルウルファ市内にも外国人観光客はいなかったでしょ?特に日本人は目立つからね、よく覚えているよ」


彡(゚)(゚)「そんなに目立つ存在なんか…そら標的にもされるわな…」


(?ω?´)「そう。だからね、早く別の街に移って美味しいものでも食べてきなよ」


彡(-)(-)「せ、せやな…」




103名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「バクラバはもう食べた?」


彡(^)(^)「イスタンブールで食べたで、美味しいンゴねぇ」


('?ω?´)「イスタンブールのは不味い偽物だよ!!ガジアンテップが本場だからね、ピスタチオの産地なんだ」


彡(゚)(゚)「はえーそれは知らんかったわ。教えてくれてサンガツ。明後日はガジアンテップに行って食べてくるわ」


(?ω?´)「ガジアンテップは私の出身地なんだ。みんな親切で良いところだよ……考古学博物館へは行った?」


彡(^)(^)「行ってきたで!めっちゃ良いところやったわ」




106名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「あの辺りにも検問があったでしょ?」


彡(゚)(゚)「あったわ、そういえば」


('?ω?´)「観光地だからね、あれもテロ対策」


彡(-)(-)「…ここって紛争地なんやな」


('?ω?´)「……さぁ着いたよ。ここからならシリア側の街がよく見えるでしょ」


彡(^)(^)「サンガツ!降りてから写真撮ってもええか?」




108名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「ダメ。写真もダメ」


彡(゚)(゚)「なんで写真もアカンねん」


(?ω?´)「私に報道の自由を与える権限はないんだ」


彡(゚)(゚)「あーなるほど」


('?ω?´)「見た?満足?」


彡(゚)(゚)「はい、満足や。人がおらへんね。建物もボロボロに崩れとる…。でもあれって小学校ちゃうん?あそこでも子供だけで遊んでるやん」


(?ω?´)「そうだよ、小学校だよ」


彡(。)(゚)「空爆地の真隣やんけ!子供が死ぬやん!」




109名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「当たり前でしょ」


彡(。)(゚)「当たり前!?」


(?ω?´)「そうだよ」


彡(_)(_)「……そ、そうか。」


(?ω?´)「じゃあ移動するから」


彡(゚)(゚)「了解や」


(?ω?´)「…………着いたよ」


彡(゚)(゚)「ん?ここがバスターミナルなんか?」




110名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

(?ω?´)「…………違う。ここが前にテロにあったところだよ」


彡(。)(゚)「マッ!??更地になっとるここが???もう綺麗になってるやん。写真撮ってもええ?」


('?ω?´)「いいよ。だけど外に出たり窓を開けたらダメだよ」


彡(゚)(゚)「サンガツ…(カシャ)」


('?ω?´)「撮った?」


彡(゚)(゚)「撮った」




111名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「じゃあシャンルウルファ行きのバスはアレだから」


彡(゚)(゚)「テロにあった場所…一般人がつい先日○んだ場所はこんな市内の中心部なんか………」


(?ω?´)「そう。報復迫撃。」


彡(゚)(゚)「そうか……案内してくれてありがとうやで」


(?ω?´)「おーい、運転手!この日本人を一番前の席に乗せて他の乗客から目立たないようにしてやってくれ」


(´?ω?`)「分かった、さぁ前の席に乗って」


彡(-)(-)えぇ…そこまでするんか…行きは普通に乗ったのに」




113名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

('?ω?´)「キミに死なれちゃイヤだからね……ともかく気を付けてね。夜は一人で出歩いちゃダメだよ。危ないよ」


彡(^)(^)「いろいろサンガツやで」


('?ω?´)「あーはいはい…」


彡(. )(. )「あと……その…すまんかったな」


(?ω?´)「もう来るなよ!」


彡(^)(^)「はいはーい!ギュレギュレー!」




114名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

[トルコ シャンルウルファ市内の某ホテル]
彡(●)(●)「本日未明、トルコ陸軍施設が爆破され2名の死者が出ました。テロ行為を行ったのはクルド人組織のYPGと見られており~」


彡(゚)(゚)「うーん……あのお兄さんたち大丈夫やろか…」


彡(^)(^)「まぁ大丈夫やろ!」

【第一部 シャンルウルファ県アクチャカレ地域 完】




135名無しの歴史部員 ID: ID:Y05

ワイもこういうとこ行って珍しがられたいわね




140名無しの歴史部員 ID: ID:LS5

>>135
普通に生活してて話す機会なんてないわよ




136名無しの歴史部員 ID: ID:246

北朝鮮へ旅行行こうと思ってるけど携帯駄目なのしんどいなーと思って今ググったら持ち込みOKになっててたまげたわ




137名無しの歴史部員 ID: ID:4zM

コーカサス辺りに旅行して現地人と友達になりたいンゴ




185名無しの歴史部員 ID: ID:GKj

学ぶスレすこ



引用元:彡(゚)(゚)と学ぶトルコ軍のクルド人実効支配地域侵攻