sensu_hinomaru


1
名無しの歴史部員 ID:

平家「おー当たったすげーやん!」やんややんや
義経「あれも」
那須与一「おかのした」ドシュ
平家「」




 

2名無しの歴史部員

ありがと那須!




3名無しの歴史部員

漕ぎ手もやっとくか




4名無しの歴史部員

実際これ平家は何やっとんじゃ戦の最中に




15名無しの歴史部員

>>4
実際は日も暮れて今日のいくさはおしまいやなって源氏方が撤退モードになった時に平家方が扇に当ててみって船出したんやんで




5名無しの歴史部員

半分貴族化してるから仕方ない




6名無しの歴史部員

那須与一とかいう我が地元の星
なお知名度




7名無しの歴史部員

鎌倉時代の戦争ってどうなん?
やあやあ我こそはとか名乗って斬ってくとかこういう風流遊びを混ぜこむのがルールだったん?
源氏はそこんとこ省いて戦って殺してったの?




8名無しの歴史部員

>>7
船戦で漕ぎ手を射つのは反則だったんやて
義経は作法気にしなかったんやね




12名無しの歴史部員

>>8
坂東武者やし知らんかったのかな?




24名無しの歴史部員

>>12
源義経の戦法は坂東武士ちゃうくね?
生誕地京都やし生育も関西




25名無しの歴史部員

>>24
せやな




27名無しの歴史部員

>>24
軍事的知識は奥州で身に付けたんやないか
なお海戦が得意な模様




45名無しの歴史部員

>>7
おは元寇




9名無しの歴史部員

名乗るケースもあるし、佐竹みたいに騙し討ちで消されるケースもある




10名無しの歴史部員

瀬戸内海に落ちたおっさんの骨探したらまだ残ってるやろ




11名無しの歴史部員

那須氏がその後、有力家臣の陰謀で領地切り取られて大名から転落したり、江戸時代に大名復帰したと思ったら改易で旗本に格下げされたり、戦後に冤罪事件に巻き込まれたりしたんはこん時に射殺した侍の怨念かしら。




13名無しの歴史部員

>>11
闇深いな
でも命令って逆らえへんやろ




17名無しの歴史部員

>>11
わいガチで那須家のもんやが、質問ある?




64名無しの歴史部員

>>11
怨霊気が長すぎへん?
祟る何百年待ってんねん




14名無しの歴史部員

そもそも弓持った敵の前で舞わされてる奴がかわいそう定期




16名無しの歴史部員

こうやって風流が負けて行って今の世があるんやなぁってなる




18名無しの歴史部員

そもそも坂東武者が野蛮すぎるエピソードに事欠かない。この時代の侍が一番凶暴まである




20名無しの歴史部員

>>18
どんなの。ら




26名無しの歴史部員

>>20
石橋山で頼朝が敗北した後、それに合流しようとした三浦と平家方の畠山が遭遇戦になって、講和が成立したのに横からやって来た源氏方が突如斬りかかって、結局殺し合いになる話とか




22名無しの歴史部員

現実なら鎮西八郎とかいう呂布もどき好き




23名無しの歴史部員

>>22
源氏なら




28名無しの歴史部員

平家の武者射落とした直後に源氏方からも義経の行為は情けなやって批判出てるから
もうルール無視のガイジみたいなもんや




30名無しの歴史部員

ワイも酔った勢いで上皇の乗り物射ったら処刑されたわ




31名無しの歴史部員

これって創作やないんか?本当にあった事?




32名無しの歴史部員

>>31
『平家物語』と『源平盛衰記』にしかない




33名無しの歴史部員

>>31
創作やで




36名無しの歴史部員

政治能力の欠如もヤバい
官位勝手に貰ったりとかあんまよく考えてないと思う




39名無しの歴史部員

>>36
勝手に官位はよくあったことで論点はそこじゃない
あと政治能力がないと言われがちだけど京都在任中ら兵糧調達から貴族寺社関連のトラブル仲裁まで事務的に携わってる




41名無しの歴史部員

>>39
頼朝は義経に限らず許可なく官位を受けた武士に懲罰を食らわしてるので、よくあったというのは関係がない




44名無しの歴史部員

>>41
政治能力と勝手に官位は関係ない
あと懲罰というソースはどこ?同時期に官位を受けた八田知家も小山朝政も警告のみで懲罰を受けたという記述は『吾妻鏡』にないのだけれど
それでもって義経が頼朝の許しを受けられなかったのは別の問題でしょ




47名無しの歴史部員

>>44
基本的に鎌倉を通じて御家人に恩賞を与える建前で朝廷からの勝手に任官を受けるのを禁じたのにそれにガッツリ反してしまう政治感覚がないからでしょ。頼朝は勝手に任官を受けた武士が東国入りすることを禁じてますが




49名無しの歴史部員

>>47
ルール違反をしたから政治的センスを欠くというのはいささか強引では?
関東入り厳禁がこの時期に公的に出された根拠が見当たらないが義経のみに適応されたとなるはず
なぜなら他の御家人は許されているから 自ら解官を申し出たとも無いのに
なぜ義経のみが許されなかったかの説明が着いていない
その説明が政治センスにあるとしたらもはや議論にならない




51名無しの歴史部員

>>49
関東の御家人、内挙を蒙らず、功無くして多く以て衛府・所司等の官を拝任す。各々 殊に奇怪の由、御下文を彼の輩の中に遣わさる。件の名字一紙に載せ、面々その不可 を注し加えらると。
下す 東国侍の内任官の輩中 本国に下向することを停止せしめ、各々在京し陣直公役に勤仕すべき事(吾妻鏡)

何故義経が許されなかったかは幕僚との軋轢もあるが、それ以上に鎌倉の統治構造自体を揺るがすような真似を親類ながらにしてしまったからでしょ。それを招いたのは政治感覚の欠如という簡単な話なんですが。議論にならないならお好きにどうぞ




50名無しの歴史部員

>>44
義経自身は京都の人やし京都と鎌倉の仲介役になればと思ってたんちゃうか
アッ二は官位とかルールにクソ厳格な人やしそれで他の御家人にもルール適用してきたからおいそれと変えられんやろ




37名無しの歴史部員

藤原秀衡が浜通り・東北道から奥州の騎馬隊で関東に陸から雪崩れ込んで義経が海から九十九里に攻めれば頼朝を滅ぼせるって言ってたらしいけど実際どうなんやろうな




38名無しの歴史部員

>>37
甘く見過ぎやとおもうで
実際にやってないからわからんけど




42名無しの歴史部員

>>38
時代が違うとはいえ北畠顕家が奥州の武士達で鎌倉を攻め落として関東を席巻しておるし実現度はそれなりにあったんやないかな




40名無しの歴史部員

でも実際安月給で付き従ってる兵士の命賭けてお作法守るよりズルしてでもサクッと終わらせた方がいいよね




43名無しの歴史部員

源義経は元服直後に岩手の方行ってるけどなんで?
なんかコネでもあって藤原方へ行ったん?




46名無しの歴史部員

>>43
『吾妻鏡』に言及なし
『源平盛衰記』には伊勢義盛とともに北関東で寄宿してたとも




48名無しの歴史部員

>>46
ふつうにヒッチハイクの旅やったらロックな若者やったんやな




53名無しの歴史部員

話の最初に戻るけど
これって義経は扇が当たっても当たんなくてもたぶん平氏に斬り込んでたと思うんやがそう思うやつおらん?




54名無しの歴史部員

そら源平は合戦してるんやし…




55名無しの歴史部員

>>54
でも那須与一的には外したら軍の恥さらしやから自害する覚悟やったんやろ
それでも撃たせたんやからな




57名無しの歴史部員

さっき見てたら義経母が藤原氏に再婚させられて再婚先の義父が藤原氏つながりで奥州行けたのでは?みたいなの見つけたわ




58名無しの歴史部員

義経に政治的センスないのは分かるでしょ
内政能力は知らんけど政局は見てない




59名無しの歴史部員

これ史実なん?
歌舞伎とかの演出と思ってたわ




60名無しの歴史部員

そもそも奥州藤原氏は後三年で源義家に恩があって棟梁の息子とか断るわけないやん




61名無しの歴史部員

欧州藤原氏「頼朝怖いから義経裏切ったろ!これで安泰やろなあ」




62名無しの歴史部員

>>61
泰衡の首がないの露骨で草




63名無しの歴史部員

那須氏の子孫(与一の直系やのうて後継ぎにした兄の子の子孫)が
調べたら近年悲惨になことになってて号泣




65名無しの歴史部員

将門さんだって千年は祟ってるから




引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1568900814/