nigaoe_hegel


1
名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

意識は、個別的な意識がそれ自体としては絶対的な思想を把握する事で自分自身のうちへと立ち返っていく。
不幸な意識に対しては、自体的に存在するものは自分自身の彼岸である←!????www??!!wwWW????wwwwww




 

2名無しの歴史部員 ID: ID:6yn

むしろ何言っとるかわかる哲学者っておるんやろか




4名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

>>2
政治系はまだわかったりするけど認識とかはくっそむずい

でもカントは五回くらい読んだら何と無くわかったけど、ヘーゲルは何回読んでもガチで分からん




6名無しの歴史部員 ID: ID:4g4

>>2
これ
わいもてんでわからん
特にドイツ人




3名無しの歴史部員 ID: ID:ye7

解説されるとわかるが
解説忘れるとイミフになる




5名無しの歴史部員 ID: ID:061

哲学者の話って原典読んだら普通に読みやすいとかあるらしいで




8名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

>>5
下手な解説書よりはきちんと説明してる気がするわ




44名無しの歴史部員 ID: ID:AJL

>>5
翻訳者の語学力と理解力が追いついてなくて適当に訳した文を
みんなであーだーこーだ議論する例は割と多いやね




7名無しの歴史部員 ID: ID:5jQ

ドイツ哲学者ってそんなん多い気がする




9名無しの歴史部員 ID: ID:vVG

弁証法とかいう論理的思考に素づいたまっとうな議論ができないバカ共に100回読ませてやりたい論理




10名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

>>9
百回読んでもわかる気せんわ
というか弁証法っていきなり出てきて当然のように使い出すからな




11名無しの歴史部員 ID: ID:3OX

何となくやけど精神分裂病の事を言っとるんやない?




13名無しの歴史部員 ID: ID:12i

後世の学者達には大体批判されてるイメージあるけど研究価値あるん?




18名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

>>13
むちゃくちゃ参照されてるから批判もされまくってるんやで




21名無しの歴史部員 ID: ID:12i

>>18
あっ、そっかぁ…




20名無しの歴史部員 ID: ID:vXk

>>13
フランクフルト学派が修正したからセーフ




52名無しの歴史部員 ID: ID:QDW

>>13
哲学は批判的に継承されて発展していくから価値があるんやで
マルクスなんかその典型
ヘーゲルがよく批判されるってことはそれだけ重要ってこと




14名無しの歴史部員 ID: ID:0aH

意識「そのもの(ないし自身)」は本来個別的ではなく絶対的なんや
せやから絶対的なものにふれると自分自身の「そのもの」的な在り方をいわば思い出すんや

後者はもう前後の文脈抜くとわからんから忘れろ




23名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

>>14
もうヘーゲルの言う絶対的、有限、無限の意味がわからん




28名無しの歴史部員 ID: ID:0aH

>>23
説明出来る自身がワイにはない
ヘーゲルを直接読んでくれ!(っていう哲学)




30名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

>>28
いやーきついっす




15名無しの歴史部員 ID: ID:vXk

ヴェーバーとフロイトは比較的わかりやすい気がしないわけでもない




17名無しの歴史部員 ID: ID:qzi

鬼のような抽象論やからなぁ

例を挙げたらわかりやすいわ




19名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

>>17
わけわからん話延々としてから例えば、でまた抽象論が出てくるのほんとひで




22名無しの歴史部員 ID: ID:3OX

理系は最新の論文を漁ればいいけど、文系は昔の論文を漁らないといけないって何か変だよな




25名無しの歴史部員 ID: ID:gQH

>>22
えっ理系も論理の蓄積やろ




26名無しの歴史部員 ID: ID:3OX

>>25
ニュートンの本とか読んだことあるか?




29名無しの歴史部員 ID: ID:5jQ

哲学書はその文字以外にもそれ書かれた背景となるコンテクストも知らんとアカンとか言われてキツイなと思った




31名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

>>29
時代すごく背景絡むな




32名無しの歴史部員 ID: ID:3OX

>>29
そんな言われたらいつまで経っても勉強終わらんやん




38名無しの歴史部員 ID: ID:5jQ

>>32
終わらんもんやなって認識がある意味ゴールなんやろね




34名無しの歴史部員 ID: ID:0aH

アレ多分ヘーゲルうんうん読みながら会得するエクササイズなんよ
だから読まないとわからないという宗教の実践みたいなもん




39名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

>>35
ミルとかベンサムは今日日の生活や政治に直接関わってるからかなり分かりやすい気がするわ




36名無しの歴史部員 ID: ID:qzi

こういうのってちゃんと読まんとあかんのか?

これはこういうことってだいたい理解してたらええやろ?さすがに




42名無しの歴史部員 ID: ID:4g4

>>36
エッセンスがわかってればええんやけど
そのエッセンスが抽出した人によって微妙にかわるのがね
で原典にあたってわけわからんくなる




45名無しの歴史部員 ID: ID:qzi

>>42
なるほどな




40名無しの歴史部員 ID: ID:I5R

宗教やん
こんなん有り難がってる連中おるんやろ?




41名無しの歴史部員 ID: ID:yR8

高校生のセンター対策の倫理の参考書とか読んだらかなり分かりやすい事にはわかりやすいで
ただ分かりやすくするために本質とズレてたりすることはあるけど




43名無しの歴史部員 ID: ID:2nS

>>41
証明のしようもない怪しい結論よりむしろそこへ至る論理の構築の方が大事やと思うわ
物理的な考えとかもそこからきてると思う




47名無しの歴史部員 ID: ID:yR8

>>43
なるほどねえ




48名無しの歴史部員 ID: ID:4g4

ロック、ホッブズ、ルソー、モンテスキューの政治に関する部分だけわかってればええわ




80名無しの歴史部員 ID: ID:g9G

哲学を学んだ結果哲学はよくわからないとわかった




引用元:ヘーゲルとかいうなに言ってるか分からん哲学者