138513137267991998228_itouhiro11


1
名無しの歴史部員 ID: ID:zKm

伊藤は胸・腹部に被弾して「三発貰った、誰だ」と言って倒れた。

くっそカッコイイやんけ、強キャラやわ




 

4名無しの歴史部員 ID: ID:rs0

実はこの後に本当の最後の一言を言った。それは何?




5名無しの歴史部員 ID: ID:zKm

>>4
「そうか、馬鹿な奴だ」やね

1は銃弾くらった時のセリフやったわ




6名無しの歴史部員 ID: ID:cp5

>>5
どっちにしろかっこいい
強キャラやんけ




7名無しの歴史部員 ID: ID:zKm

しばらく意識があった。犯人は誰かと聞き、ロシア官憲からの報告でそれが朝鮮人だと聞いて「そうか、馬鹿な奴だ」と一言、短く言った

これが本当の最期の言葉みたいや




8名無しの歴史部員 ID: ID:zKm

安は最初は非常に興奮した様子だったが、自分の身元や犯行の動機について淡々と供述したと言う。ただしこの時「暗殺は自分一人の意志でやったことで、共謀者はいない」[26]との嘘の供述もした。
安重根もかっこええな




22名無しの歴史部員 ID: ID:ZVo

>>7
>>8
これで併合が進むんやから安重根も哀れや
伊藤の言うようにまさに馬鹿な奴や…




9名無しの歴史部員 ID: ID:2Co

彡(^)(^)「ワイ死すとも自由は死せず!」




12名無しの歴史部員 ID: ID:cp5

>>9
実際は
彡()()「いたァ^~い死ぬンゴォオオオオオオ!」
だったってマジ?




10名無しの歴史部員 ID: ID:J4M

明治維新で天ちゃんが切り替わったのは伊藤博文なんやからしかたないんやで
ふつう明治維新だからって天ちゃん変わらへんやん




11名無しの歴史部員 ID: ID:4lg

なおテロリストを英雄と讃えてる民族が日本の近くにいる模様




13名無しの歴史部員 ID: ID:obj

伊藤博文って武闘派やったん?




15名無しの歴史部員 ID: ID:2IP

>>13
実戦経験豊富やで




16名無しの歴史部員 ID: ID:cp5

>>13
幕末で暗殺だの切った張ったやってたおっさんやろ?
そら武闘派よ




18名無しの歴史部員 ID: ID:ZVo

>>13
松蔭の弟子で幕末の戦乱を生き抜いとるんやぞ
そら武闘派よ




19名無しの歴史部員 ID: ID:S3y

坂本竜馬は
日本の夜明けは近いぜよ…!!!!
だっけ




20名無しの歴史部員 ID: ID:Nog

アインシュタイン




21名無しの歴史部員 ID: ID:2IP

天誅テロで塙次郎を暗殺、英国公館へ放火
馬関戦争、高杉晋作のクーデター、四境戦争、戊辰戦争
まあ、色々やっとるねあの人




24名無しの歴史部員 ID: ID:l95

>>21
まあ幕末の侍やからね…




23名無しの歴史部員 ID: ID:cp5

暗殺やってた奴が最期は暗殺されるっていうのは因果を感じるけどな




25名無しの歴史部員 ID: ID:OPZ

普通3発も撃たれたらまともに喋れんやろ




26名無しの歴史部員 ID: ID:J4M

坂本龍馬は脳天に真剣ぶっ刺さりやぞ




30名無しの歴史部員 ID: ID:AeC

板垣退助「板垣死すとも自由は死せず」

かっけえ




33名無しの歴史部員 ID: ID:WAt

薩長の奴なんか悲惨な死に方して当然や




35名無しの歴史部員 ID: ID:Yru

伊藤「朝鮮併合?んなことやるかよ」
安重根「ふざけんなしね」
伊藤「(俺死んだら併合されるのにな)バカなやつだ」
韓国人「安重根は英雄!」




36名無しの歴史部員 ID: ID:E77

フセイン大統領

・あなたはフセイン元大統領ですか? と聞かれて
「元ではない。私は今も正当なイラクの大統領だ」

・裁判で死刑が確定して
「茶番だ」

・処刑間際の一言
「ザコが」


麻原彰晃

・あなたはオウムの教祖ですか? と聞かれて
「いえす、あいあむ」

・裁判で死刑が確定して
「じょぼー」(しめやかに失禁)

・処刑間際の一言
「よんじょ」





46名無しの歴史部員 ID: ID:JaU

>>36
器が違うな




37名無しの歴史部員 ID: ID:2IP

ま。日露戦争前には藩閥なんちゅうのもだいぶ形骸化してきてて
実際の権力ちゅうか主導権は試験採用の官僚に移りつつあったようやな
伊藤の指導力も陰りが見えてきてたわけや




38名無しの歴史部員 ID: ID:E77

>>37
日露の頃はまだ形骸化してないで
日露の頃の伊藤は敗戦に備えて親露派に切り替えてたから
あまり求心力得られてなかっただけ
山県は未だに最強伝説だったぞ




41名無しの歴史部員 ID: ID:2IP

>>38
やから過渡期や
日露戦争を指導した桂太郎は山県の子分だったころや
後にこの桂が離反するも関東大震災で不発になるがな
山県の権力にも陰りが見えてき始めとるんや




42名無しの歴史部員 ID: ID:zKm

この頃って桂園内閣の始まりやっけ?
徐々に藩閥政府に対するヘイトが溜まってた頃なんか?




44名無しの歴史部員 ID: ID:E77

>>42
ヘイト持ってたのは政敵の人たち
あるいは軍の冷や飯ぐらいくらいだろうね
国民としてはむしろ名のある人間の方が好ましかったんじゃない




43名無しの歴史部員 ID: ID:E77

軍の話なら山県は死ぬまで権威は陰っていないと思う
ただ総理大臣としてなら伊藤も山県も絶対権力は振るえなかった
だから最後まで元勲という立場で裏から操ろうとしたんだろう




47名無しの歴史部員 ID: ID:2IP

>>43
創業から時間がたって、旗揚げのメンバーはみんな役員やら顧問やらになったようなもんや
会社の主導権は会社が軌道に乗ってから採用した中間管理職にうつっとるようなもん
実は日清戦争のころにはその兆候が出てる
藩閥政治は藩閥政治なんやけど、伊藤のような元老から
川上操六みたいな少壮のほうに主導権が移りつつあった




45名無しの歴史部員 ID: ID:2IP

朝鮮併合が実現すると、将官ポストだけでも5つは増える
実権を握りつつある官僚にとって、あのタイミングで藩閥の巨魁が死ぬってのは
それはそれはおいしいシチュなわけで、陰毛論者が好きそうだろ




48名無しの歴史部員 ID: ID:E77

最終的にどこぞの馬の骨の「声の大きい佐官」が大日本帝国の行方を左右するんだからな




引用元:伊藤博文の最期のセリフwww