hito_jinrui_shinka


1
名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:05:29 ID: ID:nWy

人間が一番進化してるなんて都合良すぎないか?

いくら遺伝子調べてたとしても、こういう解釈でええのかね




 

2名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:06:31 ID: ID:bj4

何をもって進化とするのか
脳が発達した代わりに身体能力はゴミになったわけやし




6名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:07:48 ID: ID:nWy

>>2
科とか族とか属では一番深いとこに位置つけされてる
つまり一番遺伝子的に形態が変わったとされる




24名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:38:34 ID: ID:6PY

>>2
その身体能力を補うために道具を開発使用できるじゃん
なんかそこを無視したり認めない奴が多いんだよな、なんでだろ

「道具を使える知能」って、立派な人間の固有能力の1つなんだけどな




3名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:06:48 ID: ID:bER

種が繁栄してるからそう言ってるだけやない?
力ならゴリラとかには勝てんし




4名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:06:53 ID: ID:JFT

地球上で一番強い




5名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:07:18 ID: ID:pnP

なんの都合よ




7名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:09:29 ID: ID:nWy

ワイが言いたいのは、本当に人間が一番変わった種なのか、それとも人間が分類した指標だからそうなるものなのかってこと




8名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:13:28 ID: ID:JFT

1番変わったって何を基準にして1番変わったんだよ
大元の種の遺伝子情報なんか残ってねーぞ




9名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:15:23 ID: ID:nWy

>>8
たとえば
霊長類の中で
ヒトとオラウータンでまずわけられて
オラウータンはそこでおわる

ヒトはさらに、ヒト2とゴリラでわかれて
ゴリラはそこでおわる

ヒト2はさらに、ヒト3とチンパンジーで別れる的な




14名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:21:25 ID: ID:JFT

>>9
名前付けと区分の問題でしかない無意味な問答だろ
ポケモンじゃねーんだから急に進化して別種になるわけじゃねえし
3進化とか明確に分けられるもんでもねえよ




15名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:23:07 ID: ID:nWy

>>14
そうなんか
便宜上、分類しただけなのかな

でも、分類は何を基準にしたんだ




23名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:35:40 ID: ID:JFT

>>15
たまたま出土した骨やら化石に知られてるものと違う特徴があったら
違う名前付けて別種とするけど研究が進んでやっぱり同種だったってことになる例もそこそこある
逆に同種と思われてたものが別種になることもある 古ければ古いほど分類は適当 恐竜の分野で顕著




25名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:39:36 ID: ID:nWy

>>23
そっかぁ




11名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:18:56 ID: ID:nWy

ここでは、進化が進歩を意味するものではなくて、変化という見方をしてる

だから人間の結果論としての進歩をさして、そうだと決めつけるのはやめてほしい




16名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:23:42 ID: ID:qsk

清清しいポケモン脳で草




20名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:30:22 ID: ID:mnm

進化=退化
人間が最悪の害獣といえる




26名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:42:06 ID: ID:nWy

あと一つ思ったんだが、生物はどのタイミングで変化するんだろうな

変化しないなら、どうやって急に出現するんだ




27名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:43:01 ID: ID:Hxv

>>26
ウィルス関与が発見されだした




29名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:47:45 ID: ID:aiR

>>27
微生物の共生とそのゲノムの取り込みも示唆されだしている
盗葉緑体はわかりやすいからみつかっただけで珍しい現象ではないのかも




31名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:48:49 ID: ID:aiR

>>26
生命科学ってまだまだこれからの学問やから
まっとうなこの質問にずばっと答えられる学者はまだおらんよ




34名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:50:59 ID: ID:nWy

>>31
そうなんか




37名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:53:20 ID: ID:aiR

>>34
物理や数学は学問として歴史もあるししっかりしている
定理が覆るということはまだない
生命科学は大体のことがまだ見出されていないだけでどんどん書き換えられる




40名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:57:32 ID: ID:nWy

>>37
そうだよなー
ティラノサウルスがどんどん変わってる感じか




42名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:01:43 ID: ID:aiR

>>40
ワイが学部生でこの道に入ってから(18年間)でも
最もメジャーな学術書「核内で翻訳はおきない」→今の学術書「起きてましたわ」
こんなもんやで




30名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:48:31 ID: ID:JFT

NHKの特集で他種の遺伝子が混ざることがあるとかやってて面白かったわ
光を感知する感覚器官を獲得した種の遺伝子が
どっかの時期に他種に移動することで目を持つ種が増えたとかなんとか

まぁ基本は生育環境の変化なんだろうけど




33名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:50:25 ID: ID:nWy

>>30
あーなるほど

ワイもnhkに感化されるわよく




35名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:51:42 ID: ID:aiR

>>30
「生育環境の変化」とも言いきれない
昆虫の蝉などは甲殻に必要なキチンという物質を
精巣や卵巣に共生している微生物(当然べつの生き物)の
遺伝子が発現して作る酵素の働きでしか作れない

だから蝉に抗生物質与えると親は死なないけど
子供の殻がふにゃふにゃですぐ死ぬ
生育環境関係なく使える機能は他種から取り込んでいる事例だと思う




69名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:28:45 ID: ID:cOD

>>35
はえー おもろい




70名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:32:00 ID: ID:aiR

>>69
この研究の最新結果が今月のゲノム微生物学会で発表されたんやけど
蝉の種類によって共生して遺伝子を使う微生物の種が違うらしい

なかでも日本の蝉は特殊で、昆虫を寄生して殺す冬虫夏草の仲間を共生させて
使ってる奴もいるという発見だったらしい




73名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:37:08 ID: ID:PZ2

>>70
つまり蝉にいる微生物を、他種の蝉に移植したらアカンくなったりするんか?




78名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:43:23 ID: ID:aiR

>>73
この視点はええな

研究者にこの技術があれば精巣や卵巣に共生してる微生物を
取り出して移植するんやろうけど
現代の技術では蝉ごとすり潰してゲノム配列を読むしかできてへん
将来そういうこともできるようになるやろうしその時はまた科学の理解が進むんや




81名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:47:48 ID: ID:PZ2

>>78
ならもしかしたら、逆に蝉に片っ端から他種の微生物を移植することで、遺伝子操作せずに新種を産み出すとかも出来るかもしらんな

ニキの講義、一回聞いてみたいわー




83名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:53:11 ID: ID:aiR

>>81
講義できるほどのものやないで ワイはただのファンや
「蝉に片っ端から他種の微生物を移植することで、遺伝子操作せずに新種を産み出すとかも出来るかもしらん」
これは十分博士課程のテーマになると思うで ニキこそええセンスしてるで

盗葉緑体という現象があって動物のウミウシがたべた植物の
葉緑体と核ゲノムの一部を背中にとりこんで光合成して飢えをしのぐんやけど
宿主と取り込まれる海藻や海草の検証は沢山されてるみたいや
http://photosyn.jp/journal/sections/kaiho52-1.pdf




36名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:52:51 ID: ID:Tyc

イッチは生物の樹形図で枝先に人間がおることを言いたいんだっけ?




38名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:55:00 ID: ID:nWy

>>36
せや




41名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:58:43 ID: ID:Tyc

>>38
正直人間の枝先が止まってるかもしれんし、伸びて枝分かれしてる最中なのか分からないよな
人間の足の小指が退化してる変化はあるらしいが…
微生物とかすごい変化の最先端をいってるんじゃない?




39名無しの歴史部員 2019/03/17(日)06:56:07 ID: ID:aiR

樹形図なんてどこから書くかだけやで
学術的な書き方だって最小2乗法を筆頭に無数にある

地球上のすべての生物は死に絶えてないから
全部が最先端におると言えるんや




43名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:01:47 ID: ID:PZ2

宇宙に行ける、パソコン使える=最も進化してる
ってのは話が見えなくなるやで

進化の程度と宇宙に行くことと食物連鎖の上に立つことは、全部別の問題やから




45名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:03:23 ID: ID:Hxv

>>43
見えてるじゃん
他の生体で宇宙行きました、通信技術で世界中に中継しましたなんていないだろ




46名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:06:11 ID: ID:PZ2

>>45
他の生命がみんな宇宙に行ったり世界中に中継することを目的として進化してるなら、人間が最先端の進化で合ってるで




47名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:07:02 ID: ID:1Tg

>>45
その理論で行くとゴキブリほど長期に渡り繁殖した生物もいないという理論でゴキブリがもっとも進化してるってことになるし尺度をどこに取るかと進化はやっぱり別もんやなと




44名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:01:56 ID: ID:6PY

生物の樹形図なんて「出てきたもの順」で描いてあるだけなんだから、そりゃ先端にいるのは人間だろ




48名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:07:30 ID: ID:6PY

人間の成してきた偉業を、それは「生物の進化」としては認めないって言われたらもうどうしようもないわ

まぁ人間の決めた勝手な「偉業」の基準ではあるけどさ
少なくとも「知能」が進化した証拠ではあるだろ




50名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:11:39 ID: ID:PZ2

>>48
誰も認めないとは言ってないんやで

知能が発達して出来ることが増えることと、進化して遺伝子が多様性を獲得することは別の話やねん




56名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:17:20 ID: ID:6PY

>>50
よく分からんな
例えば翼が生えて飛行機無しでも空飛べるとか、
そういう外見的な変化がないとダメってこと?




67名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:24:17 ID: ID:PZ2

>>56
生命は遺伝子を存続させるように作られてる
そのためにあの手この手で武器を獲得して(生物多様性)、遺伝子を残そうとする

人類が獲得した知能も、この武器のひとつでしかないんや
その結果宇宙に行ったりできるけど、それは人類の生物多様性でしかないんや

少なくとも遺伝子に注目した場合は、とにかく長く生き残った種が最強であり最先端なんや




58名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:17:56 ID: ID:Tyc

つまるところ人間は知能に極振りした進化をしてるだけであって他の生物も何らかの能力を身につけて進化してるので一番進化してる生物は全ての生物ってこと?




60名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:18:21 ID: ID:jJY

>>58
皆が言いたいのはそういうことなんやろな




75名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:39:58 ID: ID:Ovx

人間があらゆる生物を確保しとる時点で人間が一番進化しとるやろ




77名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:43:08 ID: ID:jyK

つまりワイはキミたちの進化した形だと言えるわけやな




79名無しの歴史部員 2019/03/17(日)07:44:25 ID: ID:Hxv

>>77
人間にも失敗作がいるからな




引用元:人間って、霊長類の分類で一番進化したとこにいるけどさ、