calender_aseru_woman


1
名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:13:26.69 ID: 0.net

誰が紀元前から世界中に広めたの?




 

2名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:21:24.66 ID: 0.net

月と太陽




3名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:25:44.96 ID: 0.net

シスコムーンだな




4名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:29:03.15 ID: 0.net

空を見なよ




5名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:30:22.74 ID: 0.net

365日は導き出せたとしても12か月に分けようと思うかな?




6名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:31:59.00 ID: 0.net

月は文字通り月齢だよ




8名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:32:39.31 ID: 0.net

太陰暦って知ってるか?




12名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:39:36.96 ID: 0.net

世界共通じゃなかった
終了




13名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:41:43.84 ID: 0.net

紀元前の出来事で月日まで明記されてることってそんなにあるか?




14名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:44:15.57 ID: 0.net

>>13
紀元前じゃなくてもいい
平安時代からでもいい




15名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:44:49.47 ID: 0.net

中国とか紀元前から元号があったらしいから




16名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:45:39.81 ID: 0.net

古代ローマは10ヶ月




17名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:45:58.13 ID: 0.net

だから新月から新月までの1周がだいたい30日弱
360/30で12




19名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:48:41.67 ID: 0.net

2/28までってのは昔から?




21名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:49:33.70 ID: 0.net

太陰暦は1カ月30日でしょ閏で調整する




67名無しの歴史部員 2019/02/12(火)12:32:57.66 ID: 0.net

>>21
29.5で29の月と30の月を交互にして調整する




79名無しの歴史部員 2019/02/12(火)14:03:32.61 ID: 0.net

>>67
なぜ31日の月は2月に1日与えないのか不思議でならない




84名無しの歴史部員 2019/02/12(火)14:25:19.83 ID: 0.net

>>79
逆だ2月から剥ぎ取ったの




23名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:49:42.84 ID: 0.net

時間が12進法のほうがよっぽど謎だわ




26名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:05:49.59 ID: 0.net

>>23
円を1/4にしたとき
0 2.5 5 7.5 より
0 3 6 9 のほうが自然だろ




44名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:37:26.06 ID: 0.net

>>26
1/4まではわかる
そしたら普通次は1/8じゃね?
0 2 4 6 (8)の方が自然じゃね?




45名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:41:46.57 ID: 0.net

>>44
大雑把だなあw




48名無しの歴史部員 2019/02/12(火)10:22:40.59 ID: 0.net

>>45
大雑把っていうか1/2 1/2 1/3で分けるより
1/2 1/2 1/2でわけた方が機能的じゃね?
で分と秒を80カウントくらいにすれば
半日で
1秒の長さほとんど変わらないくらいでいけるだろ




25名無しの歴史部員 2019/02/12(火)08:56:36.48 ID: 0.net

太陰暦だと年間354日
何年かに1回閏月があって年13ヶ月になる
日本は明治5年に太陽暦に切替え
理由は閏月がある年は公務員の給与を年13回払うのが嫌だから




27名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:08:02.04 ID: 0.net

世界共通ではない
あくまで地中海世界でのこと
古代エジプトが星の動きや気候の経験則から計算して導き出したのが
1年365日1/4だったってこと
地中海文明を引き継いだ欧州の国が世界制覇したから世界標準になっただけ
中南米のアステカなどでも同じように
1年365日1/4にしていたらしい
中華圏では長年太陰暦でその名残りが旧正月・春節




28名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:08:42.53 ID: 0.net

太陽信仰が強い古代エジプトではすでに太陽暦の基礎を使っていた




30名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:10:20.97 ID: 0.net

8月が31日まであるのは
カエサルの誕生月だから




31名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:12:39.10 ID: 0.net

太陽の視直径から360度が出来たというガセを聞いたことあるが360日からなんだよな




83名無しの歴史部員 2019/02/12(火)14:19:48.74 ID: 0.net

>>31
太陽も月も約2分で見た目の直径分移動する
だから24 x 60min / 2min = 720で一周360度は太陽の視直径の720倍
つまり太陽の視直径は約0.5度
1度は太陽の直径の倍だし半径の4倍だからまあ偶然だな




32名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:14:15.43 ID: 0.net

カエサルが7月
アウグストゥスが8月




33名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:19:31.87 ID: 0.net

長い間をかけて季節の変わり目と天体の動きを観察してたら365日で1周するのは分かった
だが更に長い目で見るとそれでも徐々にずれていくのが分かり365日と4分の1ってのも分かった
12カ月に区切ったのはもっともっと後じゃないの?10に区切ってた時期や地域もあったはず
月の満ち欠け1周を1区切りにするのは無理だと思う誤差が大きいような?




34名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:20:38.05 ID: 0.net

天体の動きは世界共通だから




35名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:21:18.25 ID: 0.net

2月だけ短いのは意味あるの?




39名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:27:48.78 ID: 0.net

>>35
昔は春が一年の始まりで冬が一年の終わりだった
2月が終わりの月だったの
月の周期は28日で昔は毎月28日までだったんだけど
カエサルが12ヵ月に改めた時も終わりの月は日によって儀式がいろいろあって2/28は動かせなかったからそのままにした




37名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:24:42.16 ID: 0.net

アウグストゥスの月を大の月にする為に2月から貰った




38名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:25:32.62 ID: 0.net

10に区切ってたんじゃなくて
今の1月2月に相当する期間は冬眠中で日付がなかった




40名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:29:53.70 ID: 0.net

ローマの暦は3月が1年の始まり
奇数月が31日で偶数月が30日な366日
閏年は366日だからこれだが平年は365日だから最終月の2月が1日少ない29日に
アウグストゥスの生まれ月(8月)がカエサルの生まれ月(7月)より日数少ないのむかついて2月から1日パクって31日にした




42名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:30:39.69 ID: 0.net

イスラム暦では1年が厳密に月の満ち欠け12回なので
だんだん季節がずれていく




43名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:32:04.12 ID: 0.net

2月が年度末みたいな感じで時の権力者が自分と関連が深い月を大の月にしたい為に取りあえず2月から貰おう
って感じで奪われ続けたからじゃなかった




46名無しの歴史部員 2019/02/12(火)09:57:21.70 ID: 0.net

3の倍数にした方が都合が良いってのは何かでみた記憶がある
納得の出来る理由だったってのも覚えてる
だがその理由は覚えてない




47名無しの歴史部員 2019/02/12(火)10:09:58.17 ID: 0.net

1年が何日あるかより海の満ち引きの方が生活には重要だったんじゃないの
月の影響と気付いたかは別にしてそれを一区切りにして生活していく方が決まり良かったんじゃないの?
それを12回繰り返した時にだいたい同じような季節になるんでそれをまた一区切りに
って今思ったものの実際には13回繰り返した時が同じ季節になるかもw
13ってのは扱い辛かったのかな?12か14かなら12の方が扱いやすかったとか?




49名無しの歴史部員 2019/02/12(火)10:51:15.95 ID: 0.net

太陽暦より太陰暦の方が先だろ




50名無しの歴史部員 2019/02/12(火)10:53:22.33 ID: 0.net

一年に月の満ち欠けの周期が約12回あることで一年を12等分し、天球の12の星座と対応させました。1日も繰り返すものなので円でたとえた時に、その天球の12星座と対応させた時間の概念が生まれたのではないかと言われているようです。

まあ12てのが色々とポイントだったんだろう




51名無しの歴史部員 2019/02/12(火)10:58:26.44 ID: 0.net

農業には太陽暦のほうが大事だけど精密な測定が必要
太陰暦のほうが簡単で古代には先に発達
一年に月が12個あるから12進法ができてその影響で1日を分ける時間や分も12の倍数
フランス革命のときにメートル法を作るついでに時間分秒は10進法にしてほしかった




53名無しの歴史部員 2019/02/12(火)11:04:03.90 ID: O.net

>>51 フランス語があれだからな




73名無しの歴史部員 2019/02/12(火)13:50:25.37 ID: 0.net

>>51
フランス革命で1日=10時間・1時間=100分を実際にやったけど
あまりに不便でやめた




85名無しの歴史部員 2019/02/12(火)14:26:05.73 ID: 0.net

>>73
直角の1/100を単位としたグラディアンという角度の単位もあるぞ




52名無しの歴史部員 2019/02/12(火)11:03:19.07 ID: 0.net

指が6本あり自然に12進法に目覚めた宇宙人
に時間の概念を教えて貰ったので時間は12進法と言う説




54名無しの歴史部員 2019/02/12(火)11:09:14.79 ID: 0.net

ひょっとしたら二ヶ所くらいから発生したかも知らんけど
結局は伝播されたから共通だったのでは




55名無しの歴史部員 2019/02/12(火)11:16:56.77 ID: 0.net

一時間=100分、一分=100秒ならどれだけ分かりやすかったか




56名無しの歴史部員 2019/02/12(火)11:38:18.51 ID: 0.net

>>55
60秒*60分*24時間=8640秒で1日
100秒*100分*8時間=80000
もう少し1秒を長く設定すれば80000秒で1日は設定可能だな
だが8時間しかないのは不便かも午前は4時間しかない
午前2時75分くらいが今の午前8時半くらいで出勤時間で微妙
2時50分だと今の7時半くらいでちょっと早いなw




57名無しの歴史部員 2019/02/12(火)11:43:55.39 ID: 0.net

日時計しかなかった時代に秒の概念はないだろ




58名無しの歴史部員 2019/02/12(火)11:56:03.50 ID: 0.net

日時計と月の満ち欠けでみんな気づいてた




59名無しの歴史部員 2019/02/12(火)11:57:53.86 ID: 0.net

日時計の頃から考えると…赤道上の春分の日と秋分の日ベースにはなるが
午前6時に当たる時間に9時の位置に影が来て正午に12時に影で午後6時に3時に影か
これを12等分ってちょっと細かくね?相当文化的に細かい生活してないとそこまでの精度は不要なような




60名無しの歴史部員 2019/02/12(火)12:02:20.84 ID: 0.net

>>59
わかりやすいのは
日が出てたから沈むまでの1日
次に月が見えかたで1ヶ月
季節の変化で1年

1年を月で考えたら大体12回で年が12ヶ月
そのあたりから12進




78名無しの歴史部員 2019/02/12(火)14:03:23.15 ID: 0.net

>>60
星座を背景に太陽が一周する期間が一年




61名無しの歴史部員 2019/02/12(火)12:07:10.85 ID: 0.net

日本の昔ってそんなに天文学発達してたの?それとも中国からの輸入?




62名無しの歴史部員 2019/02/12(火)12:07:15.89 ID: 0.net

包囲を考えると四方から始まって分割していくから10進になりづらい




66名無しの歴史部員 2019/02/12(火)12:13:05.61 ID: 0.net

>>62
なら8進法か16進法だろ?
12進法って3倍はどこから?
指の数から10進法はわかるが12進法は謎




70名無しの歴史部員 2019/02/12(火)13:20:51.01 ID: 0.net

>>66
年に1月なのは原始人でもわかるから




63名無しの歴史部員 2019/02/12(火)12:09:25.98 ID: 0.net

全部ユリウスのせいだったのか!




64名無しの歴史部員 2019/02/12(火)12:09:45.21 ID: 0.net

陰陽師は非常に格の高い役職だったが科学大好きな変人ばかりだったという




65名無しの歴史部員 2019/02/12(火)12:09:45.65 ID: 0.net

もし月が無かったら
とか考えてみたが満潮干潮の刺激がなければ種の多様性がなく人間もいなかっかもな




68名無しの歴史部員 2019/02/12(火)13:17:00.02 ID: 0.net

日時計だの精度の悪い時計だろうが半コマ分の誤差は仕方ない
前後に半コマずれるとして12等分なら誤差は1時間
8等分だと今でいう90分10等分だと72分の誤差になる
人は待てて60分なんだろう72分や90分も待てない




69名無しの歴史部員 2019/02/12(火)13:17:25.58 ID: 0.net

昔は太陰暦のほうがメジャー




71名無しの歴史部員 2019/02/12(火)13:36:01.95 ID: 0.net

指が5本なのがたまたまで蜂の巣やハニカム構造をみれば六角形が安定してるのが分る
あと円をコンパスと定規で半分ずつに区切っていくのは意外と面倒くさい
角の三分割ってのは難しいが60度を作るのは容易なので結果的に三分の1ってのがやりやすい




72名無しの歴史部員 2019/02/12(火)13:44:42.44 ID: 0.net

確かに正三角形を6個で六角形になって
その辺を半分で円と繋げれば12角形だから
円の12当分までは楽だなー




74名無しの歴史部員 2019/02/12(火)13:50:25.46 ID: 0.net

1週間7日という無意味な区切り




76名無しの歴史部員 2019/02/12(火)13:55:15.41 ID: 0.net

>>74
だから昔は28日までだったの




77名無しの歴史部員 2019/02/12(火)13:57:58.71 ID: 0.net

>>76
それを四つに分ける意味は?




80名無しの歴史部員 2019/02/12(火)14:04:31.28 ID: 0.net

>>77
数えるの楽やん




81名無しの歴史部員 2019/02/12(火)14:10:13.94 ID: 0.net

調べてみたら週7日はメソポタミア起源で
単に7惑星の名前を日につけただけ
本来太陰暦とも太陽暦とも関係ないようだな




82名無しの歴史部員 2019/02/12(火)14:13:05.46 ID: 0.net

古代に宇宙人が来てたとすると全ての謎は解ける




86名無しの歴史部員 2019/02/12(火)14:46:26.10 ID: 0.net

ローマ時代は農業中心だったので3月から月を数え農業のできない1・2月には名前がなかった
9月から12月までの英名が7から10までなのはその名残




87名無しの歴史部員 2019/02/12(火)14:49:35.00 ID: 0.net

1年の始まりがすごく中途半端だな
太陽から暦を作ったんなら、冬至か春分か夏至とかから始めればいいのに




100名無しの歴史部員 2019/02/12(火)18:22:12.36 ID: 0.net

>>87
本当は冬至とクリスマスと新年は同じ日だったけど暦がズレてきたせいでこうなったって聞いた
クリスマスイブと大晦日だったかも




101名無しの歴史部員 2019/02/12(火)18:23:32.80 ID: 0.net

>>100
迷惑な話だ
クリスマスでも正月でも金融取引休みになって超迷惑




89名無しの歴史部員 2019/02/12(火)15:14:46.93 ID: 0.net

角度は直角とその半分と直線(180度)の3分の1とさらにその半分が重要なので6の倍数である必要があるな
キリ良く10も入れて直角は60にするのが都合良さそうなのになんで90なんだろ
一周240度でよくね?




102名無しの歴史部員 2019/02/12(火)19:02:13.26 ID: 0.net

暦が重要になったのは農耕がその社会の生産の主力になったため
太陽の動きから観測して365日前後で一年周期を導き出すことが
一番濃厚に適していたんじゃね作物の生産効率を上げるには
季節をしっかり把握することが重要だったから




引用元:なんで紀元前のころから1年が12月あって365日が世界共通だったの?