53_4


1
名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:37:31.634 ID: pQ6DZWDXM.net

画材の違いもあるけど考え方の違いが大きかったと思う
西洋画はひとの目線からの遠近法で描かれてるけど日本画は人からの視点じゃなくて空間そのものを描いてるっていう考えにはハッとした
写実にとらわれない漫画的な感覚での捉え方ができるからデフォルメとかアニメが栄えたのかね




 

2名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:38:15.344 ID: f+5m2oDQ0.net

写実的なもの十分あるが




6名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:39:36.233 ID: tdSKKx3G0.net

>>2
あるけど多くなくね?現代〜近代はそりゃ増えたけど




3名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:39:14.900 ID: pQ6DZWDXM.net

そうなの?陰影表現とかすくなくて輪郭で描写するイメージだったけど




4名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:39:17.930 ID: WE5GpKBq0.net

仏教徒だからね




5名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:39:25.318 ID: lMPZDTJa0.net

西洋では物を光と陰で捉えるのに対し、日本人は線でしか捉えられないからと聞いたが




7名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:40:24.870 ID: 8u1Hobso0.net

なんで最近は写実的な方が良い・上手いみたいな風潮なんだろうな
ゲームにしてもイラストにしても写実的なもんなんてなんの面白みもないのに




8名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:40:30.461 ID: tdSKKx3G0.net

そうそう輪郭を線で描くのに対して陰影、濃淡で描きあらわす違い




9名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:40:40.647 ID: pQ6DZWDXM.net

でも線で捉えられるからこそ漫画が生まれたと思う
デフォルメ表現は日本はうまいよな




11名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:41:48.641 ID: iNAVCANv0.net

ダイレクトな表現を避ける性質があるからじゃね




12名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:42:54.048 ID: pQ6DZWDXM.net

動きの誇張とか記号化も特徴だよな
写実では表現できない妄想の部分も記号で見えるようにしてるから違う意味での躍動感が出る




13名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:44:32.574 ID: aIY0P9kl0.net

西洋は早い段階からカメラオブスキュラとか発明されてたし圧倒的な文明化の差なのかと思ってた
島じゃテクノロジーも入ってこないしね




14名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:44:34.813 ID: joujRlyd0.net

文化の違いってだけだろ




15名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:45:20.966 ID: f+5m2oDQ0.net

西洋に線画の概念がないということは全然ない

ただ油絵の正当性が強かったので
完成作品としての線画が少ないだけ

リトグラフが流行ってからは
当たり前のように線画作品が普及している




16名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:46:27.803 ID: tdSKKx3G0.net

フレスコ画の時代ってどうだったんだろ




17名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:49:39.086 ID: ainQz4oJ0.net

キリスト教の絵って全部おっぱいだしてるよね
何考えてるんだろう




18名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:50:09.085 ID: sWukmv2N0.net

ヨーロッパを中心に考えがちだけど
逆に全世界で見ると写実に拘って発展したヨーロッパ美術の方が異端なんだよな

古代ローマ、ギリシャ時代の美術がリアリズムだったけど一度その技術は消えてなくなる
ローマ帝国滅亡とともに美術だけじゃなく各種技術は失われ一度ヨーロッパは蛮族に戻ってしまう

ロマンチックっていうのは「ローマ的な」と言う意味でコレをポジティブな意味で使うのは
一度蛮族に戻ってしまった欧州の輝かしいかったローマ帝国時代の栄光に縋るコンプレックスから生まれた習慣
ルネッサンスでまたリアリズム志向になるけどコレは回帰主義でやはりローマ時代の美術の模倣なんだよな

結局一度栄えた古代ローマのコンプレックスに振り回され続けるのがヨーロッパの美術史




19名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:53:56.506 ID: XAstxDpq0.net

>>18
ルネッサンスってそういう意味なのか




20名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:56:11.538 ID: tdSKKx3G0.net

>>18
宗教の影響でかい?




21名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:56:48.820 ID: sWukmv2N0.net

そしてルネサンスから続いた写実主義に反発して生まれたのが印象派
結局これもアンチテーゼとして生まれたもので写実主義とは切り離せないもの

実は古代ローマ時代の写実の縛られそれの添うか、反発するかという道でしか発展できなかった
非常に窮屈な世界がヨーロッパ美術だった
だから日本では当時ありがたくも無い大衆娯楽の浮世絵がヨーロッパでは斬新に見えて注目を集めた




23名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:58:36.884 ID: tdSKKx3G0.net

>>21
写真の発明は関係ないの?




31名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:07:53.617 ID: 3RU/Unqv0.net

>>23
写真技術の発達は逆に印象派の台頭に関係してる部分がって
もうリアリズム求めたいなら写真でいいんじゃない?
人間が描くんだから写実じゃなく人間の感性で描こうぜっていうのが印象派

印象派(Impressionists)は写実主義の伝統派の人たちが
感性で描こうぜって人たちを人括りにして
「あれは絵画ではなく印象をただ絵具でカンバスに叩き着けたもの」と決め付け
名づけた蔑んだ意味で付けた蔑称だった

でも結局印象派は人気が出ちゃったから名前ごと市民権を得て
ネガティブな意味が薄れてしまった




32名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:09:57.597 ID: JVk0qeE50.net

>>31
良い傾向だと思うんだけどどうなんだろう
美術史的には写実至上文化の衰退は痛手なのか?




24名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:59:00.067 ID: jqYmANJt0.net

なるほど




25名無しの歴史部員 2017/09/05(火)23:59:51.910 ID: sUt7Rtzi0.net

西洋だって中世まではイコンがメインじゃね




26名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:00:01.963 ID: 3RU/Unqv0.net

エジプト、中国、インド、アフリカ、南米なんかの古い美術は意外と平面化されたものが多い
立体的なものもある地域もあったが欧州のようにそれに固執してる地域はほとんどない

つまり立体的なリアリズムへのこだわりって世界的には異端なヨーロッパ美術の特徴なんだよな




29名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:00:41.542 ID: JVk0qeE50.net

>>26
道具の問題ではなく?




27名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:00:02.482 ID: uP2JOLpz0.net

おもしろい




28名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:00:39.491 ID: 1TgB3u3Z0.net

ちなみに音楽も同じなんだぜ
あいつら頭が凝り固まりすぎ




30名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:03:03.891 ID: IT4WsrLX0.net

というか西洋画も写実的なものは別にそこまで評価されてなくないか?
印象派とかキュビズムみたいなもののほうが台頭してるような




41名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:26:31.682 ID: 3RU/Unqv0.net

>>30
キュビズムって既に現代美術の話しなんだぜピカソが死んだのって昭和48年
昭和48年ってガッチャマンやマジンガーZ放送していた頃だ

印象派も今のような大きい価値を持ったのは戦後だしね




33名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:13:00.929 ID: RsbwWaEK0.net

西洋だとミュシャなんかもそうだけど日本の浮世絵も同様に印刷(リトグラフ)で大量生産することを前提に
制作されていた事情がある。つまりリトグラフの特性上色数が限られ尚かつ中間調の表現が困難だから
結果的にああいったスタイルに落ち着いた。かと(・・




35名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:15:17.737 ID: JVk0qeE50.net

>>33
ミュシャの頃の印刷技術ってどんなもんなの?




40名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:25:13.124 ID: RsbwWaEK0.net

>>35
水と油を使った版画ってとこかな。多色刷りが可能ではあった。用途は主に広告やポスター。
日本の浮世絵も今で言うグラビアみたいなもんで印刷前提なんだよね。ただ確かに日本では遠近法が
あまり重要視されていなかったというのはある。当時の日本は科学や数学的アプローチはなかたろうし。




42名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:27:59.997 ID: JVk0qeE50.net

>>40
その頃の活版技術全く分からんのだけど木の板とかを転写して掘るの?




43名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:28:38.069 ID: uS8UniRL0.net

>>42
リトグラフだろ




34名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:13:02.495 ID: wv3JvuI0M.net

でも普通に生きてたら日本人でも見たまんま書こうと思わないもんなのかね?
やっぱり日頃の教育のおかげでそんな考えに及ぶだけなのかな




36名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:17:57.108 ID: nkTNrewN0.net

そもそも写実的な絵が根源的なものじゃないの?
でも現実そのままじゃつまらないからデフォルメした芸術になったのでは




37名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:19:36.735 ID: nY+m9cUI0.net

古代の壁画とかも写実的なものは少ないもんな




38名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:20:06.489 ID: RsbwWaEK0.net

あと西洋の写実画って元々は宗教画だったり後に人物画だったりとリアルに、且つ威厳を持って
描かないといけないというクライアントの要望ってのもあったんじゃないかな?つまり写真の代替ね。
故に写真が発明されると写実系の画家は失業時代を迎えたんだよね・・・




39名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:23:34.489 ID: JVk0qeE50.net

>>38
なんでリアルじゃないとダメなのだろうか




45名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:30:15.529 ID: RsbwWaEK0.net

>>39
宗教画の狙いは神様の実在するよ〜だから信者になってお布施してという宣材目的だし
肖像画も今で言うインスタ映えが顧客から要求されていたわけで。




44名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:29:43.250 ID: uP2JOLpz0.net

>>38
話の内容と名前のギャップが凄いな




46名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:46:35.988 ID: XYpvU8dp0.net

今人気のアニメとか漫画とかエロゲも未来人はきっと「過去の原始人はこんな宇宙人みたいな絵を人間だと思ってたのか?」って馬鹿にするよきっと




48名無しの歴史部員 2017/09/06(水)00:52:13.401 ID: uP2JOLpz0.net

未来では萌え画がメジャーかも知れないしね




引用元:日本の古い絵画がなんで写実的なものが少ないか調べてみると面白かった